自由に歩けるVRを複数人同時に体験 キッズプレートが中国カメラセンサー会社と業務提携

ARやVR事業などを手がける株式会社キッズプレートは、広い空間で複数人が同時にVR体験できるフリーロームVR事業を強化するため、空間認識に必要なカメラセンサーを開発する中国のレアリズ社と業務提携を行いました。

フリーロームVR環境を構築することができるレアリズ社のカメラ「RTS4000/2000」は、200個以上のマーカーを同時に追跡することができ、マルチカメラ管理システムによるデータ処理を最適化し2.9msのレイテンシーまで短縮させることでVR内での同期体験を可能にしています。

本カメラの対応できる空間の広さは、5平米から500平米以上となっており、最大20人までのVR同時体験に対応しています。利用の場は、ゲームやアミューズメントの利用以外に技術トレーニングや災害体験、教育プログラムなどにも活用できることが特徴となっています。

同社はレアリズ社の光学式モーショントラッキングシステムの日本国内販売代理のほか、VRコンテンツの開発、導入を行っていくとのことです。

https://www.youtube.com/watch?v=FabIlV3eJek

商品 概要

商品名

RTS4000

RTS2000

Resolution

2048×2048 @180fps

2048×1088 @340fps

FOV

51×51

83×56

精度

1mm以下

1mm以下

遅延

5.6ms

2.9ms

最大距離

30米

15米

電源

POE+/DC12V

POE+/DC12V

Interface

Internet/USB-Wi-Fi

Internet/USB-Wi-Fi

なおフリーロームVR体験ができるコンテンツとして、日本でも展開予定とされるVRアーケード『VR Square』の中からMoguraVRでは、ガンコントローラーを持ち敵と戦うFPS『Mortal Blitz VR for Walking Attraction』の体験レポートを行いました。

(参考)
プレスリリース

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ