進むVR投資2016年上位10件の投資合計は約451億円

2016年は、VRに関する投資も増加しました。アメリカのVR分野専門のリサーチ会社Greenlight Insightsは、VR専門メディアRoad to VRと協力して2016年に行われたVR分野への投資を明らかにしました。

今年における大きな投資は、MindMaze(1億ドル:約110億円)とNextVR(8,000万ドル:約91億円)の2つです。 さらに、上位10件の投資は合計で3.96億ドル(約451億円)となります。

2016年VR業界レポートでの150以上の投資の分析から除外されたものは、ARを対象にした投資となるMagic Leapの7億9,300万ドル(約904億円)のシリーズC投資(2016年2月)、くわえてゲームエンジンを対象とした投資となるUnityの1億8,100万ドル(約206億円のシリーズC投資(2016年7月)。 これらの除外値を数えなくても、2016年はVR投資の記録的な年として終了します。

「今年は資金調達の記録を塗り替えるでしょう。 取引件数と金額は大幅に前年を上回っています」とGreenlight Insightsのスティーブ・マーシャル上級副社長は述べています。 「来年は、イノベーションの最初の波が成熟するにつれて、より多くのディールを期待できます」

しかし、盛んな資金調達環境にもかかわらず、Greenlight Insightsは、VR業界が初期段階にあり、多くの潜在的な成功事例がまだ待っている状態で、イノベーションの波の最中にあると考えているようです。

2017年はどのような投資が行われるのか、これまでVR業界を牽引してきたシリコンバレーの動向を中心に引き続き注目したいところです。

(参考)

2016’s Record Breaking VR Venture Funding Has Been Driven by Mega Deals

http://www.roadtovr.com/record-breaking-2016-vr-venture-funding-driven-mega-deals/
※Mogura VRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ