ハウステンボスに「VRホラーハウス〜少女の記憶〜」が登場

iXIT株式会社は、株式会社ダイナモアミューズメントの技術協力のもと、ホラーアトラクション「VRホラーハウス〜少女の記憶〜」をハウステンボス株式会社向けに提供を開始しました。

VRホラーハウス〜少女の記憶〜

image00

「VRホラーハウス〜少女の記憶〜」は、ハウステンボスのスリラーシティ内で9月22日(木)に常設ホラーハウスとしてグランドオープンしました。

https://www.youtube.com/watch?v=-XG4YO28_to

VRホラーハウスは、VRヘッドマウントディスプレイと様々な動きを演出するギミックチェアの組み合わせにより、恐怖と臨場感を楽しめるとのこと。

詳細は以下のとおりです。

■場所:ハウステンボス内スリラーシティ
■料金:パスポート対象
■定員:8人
■利用制限:13歳以上推奨(※8歳以上12歳以下は保護者の同意が必要)
■サービス紹介URL(ハウステンボスWEBサイト内):http://www.huistenbosch.co.jp/tfm/ar/

世界観に没入させるVRとホラーの相性は良いとのことから、数々のVRコンテンツが既に制作されています。国内におけるVRを使用したホラーアトラクションとしてはお台場VR ZONEの『脱出病棟Ω』や東京ジョイポリスの『VR生き人形の間』などが展開されています。

(参考)
VRホラーハウス~少女の記憶 – iXIT株式会社
http://www.ixit.co.jp/files/news_20160927151027.pdf?20160928161950

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 175pnk

    南の島のVRに恵まれた環境で学生をしています。
    研究でVRを扱ってしまいVRを嫌いになりかけたところ、MoguraVRにてインターンの募集をしていたため、初心を取り戻すべく参加。と言うと聞こえがよさそうなのでそういうことにしておきます。