HoloLensを通して現実でポケモン対戦 ファンメイドのARアプリ『PokéLens』

ポケモンファンが開発している、「HoloLens」を用いて現実空間でポケモンバトルができる『PokéLens』の動画が公開されました。

PokéLens

真のARゲームを目指して

『ポケモンGO』は位置情報を用い「実際に歩き回ってポケモンを捕まえる」というコンセプトのゲームですが、まだ現実と合成した映像を見れるくらいで「歩いていると、現実の空間にポケモンが出現する」といった一般にイメージするARには至っていません。

そんな未来が待ち切れないポケモンファンの一人、開発者のKenny W氏と3DアーティストであるJoshua Liew氏らが、MRデバイス「HoloLens」を用いたARポケモンバトルシステム『PokéLens』を開発しています。

公開された動画では、まさに現実世界でポケモン対戦が行われているような映像が紹介されています。

https://www.youtube.com/watch?v=vy1jnA_pLUs

本アプリはUnityで制作されており、動画から将来のARゲームがどのような情景を形作るのかが想像できるようです。

ポケモンを現実で遊ぶための試み

ファンが制作したポケモンとHoloLensのコンテンツは今回のPokéLens以前にもありました。アムステルダムのCapitolaVRがポケモンGOに近いARアプリ『HoloLens Pokemon Go』を制作しています。

以下のデモでは、実際にポケモンが床に立っているような感覚も覚えるとのこと。

https://www.youtube.com/watch?v=0gHp8PuXAIk

現在のHoloLensでは、プレイする空間を事前にマッピングしておく必要があります。そのため、ポケモンGOのように気ままに歩いてポケモンと出会い、対戦し、捕まえることはできません。次世代のARデバイスが大衆化すれば、世界規模のマッピング・トラッキング技術も格段に進化することが期待できます。

実際の動物と触れ合うように、ポケモンたちと触れ合える日が楽しみです。

PokéLens

(参考)
Road to VR / Fan-Made Pokémon Battle System Offers Glimpse into Augmented Reality’s Future(英語)
※Mogura VRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image01[1]

    VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor