CRI、ゲーム開発向けミドルウェアのロードマップを発表 VRの触覚演出や立体音響も強化

CRIは、音声・映像のミドルウェアブランドであるCRIWARE®のゲーム開発向けロードマップを発表しました。

対応プラットフォーム拡張、オープンプラットフォーム化の他、触覚演出や映像・音声機能もVR向けに強化し、よりリアルなVRコンテンツの開発をサポートします。

CRIWARE®

視覚・聴覚・触覚合わせてVR向けに強化

対象となる製品はCRIWAREブランドの統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX®2」、高画質・高機能ムービーミドルウェア「CRI Sofdec®2」、触覚ミドルウェア「CRI HAPTIX」。

ニンテンドースイッチ、Xbox One、ブラウザゲームにも対応プラットフォームを拡張し、移植やマルチプラットフォーム開発もよりスムーズになる、としています。

さらに触覚ミドルウェアHAPTIXをPlayStation®VR、HTC Vive、Oculus Riftのコントローラに対応し、VRの映像音声に連動した触覚演出を実現。

MP4素材、立体音響への対応など、映像・音声機能もVR向けに強化され、視覚・聴覚・触覚合わせてよりリアルで没入感の高いVR体験の作り込みをサポートします。

またサウンドミドルウェアのADX2がカスタムプラグインに対応し、サウンド演出で独自のエフェクトを使えるようになります。

(参考)
CRI – ニュースリリース
http://www.cri-mw.co.jp/newsrelease/2016/e78k1e000000hpc2.html
http://www.cri-mw.co.jp/newsrelease/2016/e78k1e000000hpmc.html

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image01[1]

    VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor