モデルルーム見学後は持ち帰りも ワンダーリーグ『マンションVRカタログ』を発表

1月26日、スマートフォン向けゲームアプリを提供する株式会社ワンダーリーグは、分譲マンション向けのVRアプリ開発事業に参入し、業界向けサービス『マンションVRカタログ』の提供を開始することを発表しました。

サービスは2017年2月から開始します。

分譲マンションカタログをVRで体験

「不動産+VR」といえば、物件の内装を360度写真で撮影して、VRで閲覧する方式が一般的です。しかし、未完成の段階で販売が行われる分譲マンションの場合、CADデータ(コンピュータを使用して設計や製図をするシステム)から個々の物件を3Dで製作する必要があります。同社は、ゲームアプリ開発技術を応用し、スマートフォンを使ったVRカタログとして同サービスを提供することにした、とのこと。

同社によると「本サービスでは初年度50物件の導入で1億円の売り上げを目指し、また、第一号として「エステムプラザ赤羽アンダルシア」を制作する」とのこと。

5つの特徴とポイント

同社は、『マンションVRカタログ』に関して、次の5つのポイントを挙げています。以下引用となります。

1. 「見る」から「体験」へ ~紙から3Dへ~

実際のCADデータで作られる3D空間はより多くの情報を提供できます。従来の分譲マンションでは購入者に対して「マンション模型」を作成し展示していました。

しかし、本サービスではマンション全体をVR化するため、周辺を歩く、見上げる、見回すなどの体験が可能となります。

2. モデルルーム来訪記念ギフトに

紙のカタログにはない新しい体験を、誰もが持つスマートフォンで再現できます。モデルルームに来られない家族や友人との「体験共有」が可能になります。また遠隔地や海外の見込みユーザーへのPRに活用できます。

3. モデルルームでの運営を手軽に

混雑するモデルルームにおいても、商談テーブル上で手軽に体験できることから、手間を取らせません。また、手持ちのパソコンでお客様が見ているポイントを同時に確認できることから、コミュニケーションが途切れることなく物件紹介が可能となります。

4. ゼンリン3D都市モデルデータ※で周辺環境も再現

離れて見るマンション外観と町並み

周辺の建物の高さや街のイメージも再現でき、街を歩く感覚で土地区画全体を体験可能になります。

※Unityでのゲーム開発に利用可能な3D都市モデル

5. ドローン撮影で高層ビューもVR表現へ

150m上空から見る360°写真や指定階からの眺めも実現しました。

価格表

<基本メニュー>

(1) 外観 90万円から

(2) リビングルーム 90万円から

  ※ゼンリン3D都市モデルデータでの周辺環境の作成を含む

<オプションメニュー>

(3)高層ビュー(ドローン撮影から製作まで) 15万円

(4) アプリ変換とアプリストア登録 20万円

(5) ウェブVR変換 10万円

(6) レンタルパック(GearVR+galaxyS7) 月6万円~

ワンダーリーグ社は、2016年よりスマートフォンを使ったVRに事業を展開しています。スマートフォンVRを実現するBLE型モーションコントローラーの研究開発を行っておりクラウドファンデングも実施しています。2017年では、取組課題として、スマートフォン+ARを挙げています。[a]

(参考)

https://www.atpress.ne.jp/news/120644

http://wonderleague.co.jp/#about_us

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!