誰とデートする?脳波で分岐するVR恋愛シミュレーション

株式会社デジタルガレージ等が組織するオープンイノベーション型の研究開発組織DG Lab、およびDGが電通と合弁で設立した株式会社電通サイエンスジャム(DSJ)は、2016年9月15日(木)~9月18日(日)の期間で幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2016(TGS)」のビジネスソリューションコーナーにて、VRコンテンツ「脳波LOVEチェッカー」の公開を発表しました。

脳波で分岐するVR恋愛シミュレーション

「脳波 LOVE チェッカー」は、「マインドループテクノロジー」を実装した、脳波センサー付きVR ゴーグルを装着して楽しむVR コンテンツです。

「マインドループテクノロジー」は、DG LabとDSJが合同で取り組むVR領域の開発コンセプト。脳波からその人の状態を推定し、気持ちを切り替える映像を生成してフィードバックループを作り出すというものです。TGS2016 では、このマインドループテクノロジーを実装したVRコンテンツ「Kaleidotherapy:カレイドセラピー」と、脳波をもとにコンテンツを最適化するVR映像コンテンツ「脳波 LOVE チェッカー」の2 コンテンツをご体験いただけます。

上記のうち、「脳波 LOVE チェッカー」の内容は、ユーザーがVRの実写空間内で3人の女性から同時にデートに誘われるというもの。そして、この時に発生している脳波からユーザーの興味度合や好意度合を類推し、3人の女性の中で、体験者の「脳」が最も気になる対象がデートの相手として選ばれるというストーリーです。脳波ベースでシナリオが分岐するという、VRでのマルチシナリオに挑戦したコンテンツになります。

これまで、目や表情のトラッキングはありましたが、脳波のトラッキングはあまり例がありません。果たして頭のなかを見透かされたような「正確」なトラッキングが行われるのか気になるところです。

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ