【レビュー】視野角はそれなりだが激しい動きが苦手なスマホVRHMD『VR BOX』

手持ちのスマートフォンで手軽にVR体験を楽しめるモバイルVR。しかし、Amazonで検索をかけるとあまりにも多くの種類のモバイルVR用デバイスが見られ、どれを買ったらいいか分からないと思います。

参考までにMogura VR編集部では全てのデバイスを実際に検証し、一つ一つレビューしていきます。

第7回はその名も『VR BOX』。ネーミングが直球ですね。 

VR BOX

ヘッドバンドつきのヘッドマウントディスプレイ(HMD)ですので、手で支えなくても使用することができます。

なお、今回のレビューでは、スマートフォンは「Xperia Z5 Premium」、イヤホンはlogitecの「LBT-HP05」を使用しました。また、執筆者の視力は0.01の近視です。

VR BOXの特徴

VR BOX
スマートフォンの装着方法が一風変わっています。本体前面がぱかっと開くのではなく、スマートフォンを収納するケースがスライドする形になっています。

また、このVR BOX、IPD(瞳孔間距離)の調整、ピントの調整が他の製品とはちょっと違っています。
VR BOX

多くのHMDではダイヤルを回してIPDの調整を行いますが、このVR BOXでは、写真のようなつまみを動かしてIPD、ピントの調整を片目ごとに行うことができます。

ただし、片目ごとにIPD、ピントの調整ができるからといっても、PC用VRHMDの「Oculus Rift」や「HTC Vive」さえ両目のレンズを同時に動かしてIPD、ピントの調整を行っていることから考えると、このような片目ごとに調整する機能は必要なのか疑問が残ります。

VR BOX

なお、AR機能を使うアプリにも対応できるように、カメラ部分がスライドすることで露出することが可能です。

頭にかけるベルトは頭を横に一周するベルトと、頭の頂点を半周するベルトの二本で構成されており、Gear VRと同じ構造です。

VR BOXの優れている点

メガネが使えます。
VR BOX
ちなみに、メガネがない状況では0.01の近視ではピントを合わせるのが難しかったです。

VR BOXの悪い点

視野角ですが、このVR BOXと類似点の多いVR CASEの印象からか、悪いイメージが先行していたのですが、かぶってみるとVR CASEよりは広い印象。

ただし、そこまで良くもないという言葉がカチリとはまる感じでした。

具体的に説明していくと上下左右の視界は足りています。

VR BOX

しかし、上の図のうちの赤い部分が少々見えていました。この部分が見えるとどうしても没入感の低下につながってしまうので、そういう点では視野角は惜しい感じでした。

ただ、この製品は視野角に関しては惜しい点まできているのに、その他の点での不満が多かったです。

まず、コードつきのイヤホンがささりません

VR BOX

この穴からイヤホンがささりそうですが、刺さりません。この穴は排熱用の穴です。

また、スマートフォンの装着方法にも問題があります。

専用のケースをスライドさせて取り出し、そのケースに装着された専用の留め具にスマートフォンを接続します。

VR BOX

この留め具がくせ者で、電源ボタンが中央にあるタイプのスマートフォンの場合、ボタンと留め具が干渉します。電源ボタンが押されるわけですから、スマートフォンの画面が切れることも何度かあるなど、結構いらっときます。

また、少々強く頭を振ると、装着されたスマートフォンがケースごと飛び出てくるので、激しい動きを伴うVR体験には向いていません。

VR BOXの総評

視野角に関しては惜しいと言える水準まではきていたのですが、その他の細かいところで残念な点が多く、VR体験に使用することはオススメできません。

デバイス名:VR BOX
メーカー:不明
価格:1980円(7/12現在)
視野角:85~95°
IPD調整:可
眼鏡の使用:可
対応スマホ:4-6インチのスマートフォン
良い点:メガネが入る。視野に関しては惜しい。
悪い点:スマートフォンの固定に難あり。

モバイルVR用デバイスのレビュー記事一覧はこちらです!

この記事を書いた人