トレンド

空間に“描く”・“作る” 「VRアート」の可能性

HTC ViveやOculus Riftなどの手を動かすことのできるVRデバイスの登場により、VRで行う芸術活動が注目を集めつつあります。

HTC Viveには、2016年4月のローンチ時からVRで線を描くことのできるツール『Tilt Brush』が配信されていました。また、12月6日にはOculus Rift向けのハンドコントローラーOculus Touchが発売され、Viveの『Tilt Brush』に対抗するVRペインティングツールとして、Oculus対応の『Quill』、またスカルプティング(造形)ができるツールとして『Medium』などが配信されました。

今回は、米VRメディアUploadVRで掲載されている、これらのツールを用いて作られたVRアート作品を紹介する連載から各作品を紹介していきます。

『Starry Night Diorama』

    Starry Night Diorama Tilt Brush

    by george peaslee

    on Sketchfab

使用ツール:Tilt Brush

空間に筆で描くようなツール『Tilt Brush』で、ゴッホの名画『星月夜(Starry Night)』を3Dジオラマに描いた作品。

印象的な夜空と山景をバックに、町並みや大きな木が立体的に表現されています。

『VR Cockpit scene for webVR』

    Gravity Sketch VR Cockpit scene for webVR

    by vrhuman

    on Sketchfab

使用ツール:Gravity Sketch、Tilt Brush

同じくTilt Brushとモデリングツール『Gravity Sketch』を用いた、SFのような宇宙空間にメタリックな構造物が描かれています。VRツールを用いた実験的な作品だとしています。

アニメーションもしており、見方によって印象が変わる作品です。

『Quad Bot』

    Quad Bot

    by ryzbl

    on Sketchfab

使用ツール:Medium

粘土彫刻のようなツール『Medium』で作られた、メカを描いた作品。

『Portrait』

    Quill – Portrait

    by Elizabeth Edwards

    on Sketchfab

使用ツール:Quill

Tilt Brushと同じように、筆で描くツール『Quill』で描かれた肖像画。

Oculus Touchの発売で、主要なヘッドセットではハンドコントローラーが標準となってきました。

これらのツールはあくまで表現手段。VRを活用した3次元アートもまだまだ未知の領域であり、今後どういう作品が生み出されるのかが楽しみです。

(参考)

This Week’s Best Virtual Reality Art Projects – 12/09/16(英語)

http://uploadvr.com/4-best-virtual-reality-art-projects-week-120916/

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
短時間でできるものもありますので学生さん、主婦の方、海外在住の方も大歓迎です。

詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ