ボルテージ、女性向けに「椅子ドンVR」をTGSで出展

株式会社ボルテージは、2016年9月15日(木)~18日(日)に幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2016(TGS)」に女性向けのVR体験を出展することを発表しました。同社はモバイル恋愛ゲームを主に提供しています。

ボルテージ

昨年までの出展では「壁ドン」などをリアルに体験できるブースを提供していたボルテージ。TGSへの4回目の出展となる今回は、本イベント初披露となるVRコンテンツ「椅子ドンVR」も用意されているとのこと。恋愛アプリ『スイートルームで悪戯なキス』のキャラクターとの甘いひとときをVRで楽しめる内容となっているようです。

他にも、ブースには11人のリアルイケメンが登場し、恋愛アプリの世界観を表現した「リアル“恋アプ”体験」コーナーでは、戦国時代へタイムスリップして戦国武将と恋をしたり、謎を解いて運命の人とのひとときを楽しめます。ボルテージが得意とする「胸キュン体験」をバーチャルとリアルで楽しめるブースとなっていそうです。

2015年の出展実績

ボルテージ

ボルテージ

2015年のTGSボルテージブースは、恋愛ドラマアプリの世界観を表現したコーナーが3つ設置され、4日間で約4,500人が来場しました。鏡の中の世界の貴族たちによるおもてなしや、アイドルとの秘密の恋愛などの体験を求め、主催の発表では最高120分の待機列ができたとのこと。

今回のTGSで展示されるVR体験がどのようなものになるのか。これまで女性向けのVRコンテンツが少なかっただけに注目が集まります。

(参考)
ボルテージ 東京ゲームショウ2016特設サイト
http://koi-game.voltage.co.jp/tgs2016/index.php

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ