VRで家具などの設置をシミュレーションできるサービスが発表

フィンランドのVividWorks Ltd.は、同社の展開するクラウドサービス「VividPlatform」の拡張機能として、商品やインテリア空間を実物サイズでデザインすることができる「VividHQR」を開発中であることを発表しました。本サービスはVR対応も予定されています。
th_image00

VividHQRでは、3D空間で家具などの商品を視覚的、直感的に組み立て、色や質感をリアルタイムで選び、実際の使用シーンをシミュレーションすることができます。ショールーム、営業所や展示会などでの利用が想定されています。

https://www.youtube.com/watch?v=-Ij-H6QdQK4

また、VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)にも対応するとのことです。VRHMDを装着することにより、バーチャルな空間を自分で動きまわり、好きな視点で商品やインテリア空間を確かめることができます。

なお、本サービスは、2016年10月26日から28日の期間中、東京ビッグサイトで開催されるジャパンホームショーに出展されます。正式発売は、2017年第一四半期を予定しています。

(参考)
VividPlatform
http://www.vividworks.com/

関連記事はこちら

この記事を書いた人