HTC、Vive Preのマニュアルをサイトに掲載。具体的な使い方が明らかに

HTCのサイトにてVRヘッドマウントディスプレイHTC Viveの最新プロトタイプVive Preのユーザーズガイドが掲載されていることが明らかになりました。

このユーザーズガイドから、具体的なセッティング方法が分かります。HTCはVive Preを製品版に近いモデルとして位置づけており、製品版でも同様の仕様であるとは限りません。

マニュアル全体版はこちら

各部の機能と詳細

Vive Preはヘッドマウントディスプレイ本体、ケーブル類を統合するリンクボックス、Steam VRコントローラー2本、ベースステーション2つからなります。

ユーザーズガイドでは各部の名称や機能が紹介されています。

VRヘッドマウントディスプレイ本体は上部のダイヤルでレンズの距離を調整できること、また本体右下部のダイヤルでIPD(瞳孔間距離)の調整が可能な事がわかります。またマイクが内蔵されているほか、ヘッドホンのジャックはヘッドマウントディスプレイ本体にあります。また他の周辺機器と接続するためのUSBポートも設けられています。
vive2

vive1

リンクボックスは、電源、USB、Mini Display、HDMIの各ケーブルを統合します。
vive3

Steam VRコントローラー。USBによる充電式です。
vive4

ベースステーション。このベースステーションにより、HTC Viveの最大の特長である歩けるルームスケールのポジショントラッキングLighthouseシステムが実現します。
vive5

なお、それぞれのベースステーションは電源に接続する必要があるほか、両ベースステーションの距離は直線距離で最大5mとなっています。精度を上げるために、ベースステーション間を同期するためのケーブルで接続することも可能です。
vive6

プレイモードは「ルームスケール」と「その場」の2種類

なお、HTC Viveは部屋のサイズ等に合わせた2種類のプレイモードがあります

1つ目がルームスケール。最小1.5m×2mから最大は対角線5mまでの範囲を歩き回ることができるものです。プレイ前に範囲内にある障害物をどかしてから体験することになります。
vive7

2つ目はその場に座って、もしくは立って体験するモード。移動をしないことで非常に省スペースでの体験が可能です。
vive8

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: HTC Vive

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!