GoProに付けて3D動画を撮影できる「Vitrima」が16,000円で発売

クラウドファンディングプラットフォーム「Indiegogo」で行われた、GoPro社のカメラ「GoPro」で撮影した映像を3D化するカメラレンズ「Vitrima」のクラウドファンディングは73,754ドル(約830万円)を集めました。

11月29日、Vitrimaは145ドル(約16,000円)で発売開始されました。

Vitrima

Vitrimaは、追加編集なしで3D映像を撮影できます。GoPro HERO3とHERO4ユーザーに没入感のある動画を提供することが可能になります。Google Cardboardを使用するとモバイルでも気軽に3D動画が見られるのが特徴です。

このレンズを開発したアイスランドのKúlaは一眼カメラ向け3Dレンズなどを発売しています。

(参考)

Vitrima 3D镜头今日开售 让你GoPro单机玩转3D

http://news.87870.com/xinwennr-16734.html

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image02

    日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/