VRストーリー制作用ソフトを開発するVisionary VRが600万ドルの資金調達

高度な専門知識を持たない人でもVRのストーリー制作を可能にするソフトを開発しているVisionary VRが、600万ドル(約7億円)の資金調達をしました。

Visionary VR

Visionary VRは、アメリカ・ロサンゼルスで開催されているVRエキスポ「VRLA」の主催者たちが、映像・デザインのベテランなどを迎えて2014年に結成したチームです。

彼らは現在、誰でもVRでストーリーを(VRの中で)制作できるようなクリエイター支援ソフトを開発しています。調達した資金はチームの増力に投じ、ソフトウェアのリリースに向けて一層開発に力を注ぐとのこと。

「VRのストーリーを制作できるのは専門的な知識を持っている開発者だけ、というのが現状です。我々は、それを変えてみせます。」Visionary VRのCEOであるギル・バロンはそう語ります。

ソフトウェアの詳細はまだ明らかになっていませんが、リリースは2016年内を予定。続報が待たれます。

なお、VRLAが開催しているイベント「VRLA EXPO」は、2014年にOculus VRがFacebookに20億ドルで買収された直後に開始して以来、エキスポの開催を重ねており、現在では米国内で有数のVRイベントとなっています。Visionary VRのソフトウェア開発と並行して、エキスポの開催も続けていくとのことです。次回のVRLAは8月5日から2日間の開催、チケットは4月7日から発売されます。

(参考)
Visionary VR Raises $6 Million For Creation Software – UploadVR
http://uploadvr.com/visionary-vr-raises-6-million/

この記事を書いた人

  • 東京大学工学部,UT-virtual所属.趣味は音楽(作詞作曲編曲)や物語の創作.ストーリーテリングや人間の振る舞いを変化させるための強力なツールとしてVRに強く惹かれています.境界が曖昧なものと予測不可能なもの,そしてvirtualという概念が好きです。

    Twitter:@yunoLv3

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ