Unity、2016年2月のVISION SUMMITでのVR/ARコンテンツのアワードのエントリーを募集中

ゲームエンジンを提供しているUnityは、VR/ARをテーマにした開発者会議VISION SUMMITを2016年2月に開催します。

VISION SUMMITは2月10,11日の2日間、ハリウッドで開催されます。VR/ARコンテンツのノウハウ共有やデモの展示などがありますが、革新的なコンテンツを表彰するVISION VR/AR AWARDSというアワードも開催されます。

このアワードのエントリーは現在受付中です。Unity製のVR/ARコンテンツを開発中の方は法人・個人を問わずぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

募集要項の詳細、申し込みはこちら(英語サイト)から可能です

募集要項は以下のとおりです。

部門

○ゲーム
○映像、インタラクティブ・ストーリー
○ライブ・アクション
○テクニカル
○アーティスティック
○VRエクスペリエンス
○ARエクスペリエンス
○ビジョン・インスパイア(全てのエントリー作品から最高のコンテンツに送られる賞)

審査

応募の締切は2015年11月29日

各部門3作品までが最終選考作品として選ばれ、アワードの会場で入賞作品が発表されます。

注意事項

・VR/AR技術を使用していること
・開発中のものでも構わないが、2015年2月10日から11月29日までの間に公開されたものであること
・開発中の場合でも、動作するもの。最終的な作品を表しているものであり、クラッシュやバグなどが発生しないこと
・一つのプロジェクトにつき、2部門まで応募可能。ビジョン・インスパイア部門は自動的にエントリーされるため、それ以外の2部門から選ぶこと
・応募する個人、チームはルールの範囲内であれば複数のプロジェクトを提出可能
・プロジェクトは提出フォームで選択するデバイス1つ以上に対応するものであること

このVISION SUMMITは、Oculus、SCE、Steam VRなどがオフィシャル・パートナーとして名を連ねています。

関連記事:Unity、2016年2月にVR/ARをテーマにしたカンファレンス「Vision Summit」を開催

(参考)
Vision VR/AR Awards 2016
http://visionawards2016.unityproposals.com/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/