『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』の360度ティザー動画がYoutubeで公開

9月に発表され、VRヘッドマウントディスプレイを装着して体験するタイプのコンテンツとして注目を浴びた『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』。そのティザー動画がYoutubeで公開されました。

image201511250033381

『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』は「攻殻機動隊 新劇場版」を題材に、攻殻機動隊の世界観をVRで体感できるアプリです。今冬、スマートフォン向けにiOS、Android向けに有料アプリとして配信予定。

今回は、ティザー動画が公開されました。通常版とVR版の2種類。

VR版は360度動画となっているほか、二眼のVRデバイスで見ると立体的に3Dで見ることができるVR動画です。Oculus Rift版の公開も予定しているとのこと。

https://www.youtube.com/watch?v=C1iAi2yvSZE

360度というよりは前面180度の映像ですが、没入感はしっかりとあります。ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

ブラウザではドラッグ、スマートフォンでYoutubeアプリを使っている場合は、スマホを傾けることで、360度を見回すことが可能です。さらにAndroidスマートフォンでは、右下のゴーグルのアイコンをタップすることで二眼のVRデバイス用の映像に切り替わります。

▼ハコスコやGoogle CardboardなどのスマホでVRを体験できるソフトの紹介はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/