HTC Vive向け?新型Steam VRコントローラーのプロトタイプが明らかに

Valveはシアトルで開催中のSteam Dev Daysの基調講演にて新たなSteam VRコントローラーのプロトタイプを公開しました。ValveはHTCとともにHTC Viveを開発しています。

Steam VRコントローラーは、HTC Vive向けのコントローラーです。2016年4月に発売されたHTC Viveには棒状のコントローラーが付属しており、VRで手を動かすことのできるデバイスとして数々のコンテンツで利用されています。

Valve

今回、新たに公開されたのは、手に握るタイプの新型プロトタイプ(スライドもっとも右)です。上記のスライドではSteam VRコントローラーの開発の経緯が分かります。最初期の最も左側は、PCゲーム用のゲームパッドにセンサーのようなものを取り付けたコントローラー。さらにその右がHTC Viveのプロトタイプのコントローラー、HTC Vive製品版のコントローラーとにているがやや形状の異なるもの、と並んでいます。

Valve

Valveはさらに、ポジショントラッキングを可能にし、部屋サイズのルームスケールのVR体験を可能にするセンサー「ベースステーション」にも言及。2017年には新型が登場することをほのめかしました。

正式な発表が行われたわけではありませんが、HTC Viveの次世代モデルもしくは次世代の周辺機器が2017年には登場することは間違いないようです。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/