仕事シミュレーターの次は“休暇” 人気VRゲーム次回作は2018年登場

大人気VRゲーム『Job Simulater』、『Rick and Morty: Virtual Rick-ality』を生み出した企業であるOwlchemy Labsが、次回作として『Vacation Simulator』を発表しました。

世界有数のVRゲーム会社Owlchemy Labs

Owlchemy Labsは、HTC Vive、PlayStation VR、Oculus Touchといったプラットフォーム向けにハイクオリティなゲーム制作を手がける企業です。2017年5月にグーグルに買収されたことや、世界中のVR作品を表彰する「VR AWARDS 2017」のVRゲーム部門にノミネートされたことで話題となりました。

Owlchemy Labsは2016年4月に職業体験ゲーム『Job Simulator』を開発し、わずか1年以内に売り上げ300万ドルを突破する大ヒットを果たします。その後、2017年4月にはAdult Swim Gamesと共に、人気アニメ『リック・アンド・モーティ』を題材にした『Rick and Morty: Virtual Rick-ality』を手がけ、またも大ヒット。そして先日、3作目となる『Vacation Simulator』を発表し、それが早くもネット上で話題となっています。

新作のテーマはバカンス

2016年に提供された『Job Simulator』は、人類がやっていた仕事は全てロボットがこなしている2050年に、人間が「職場体験」をするという設定のゲームです。メインテーマである職場体験以外にも、物を投げつけたり、ジュースをぶちまけたり、ホッチキスを乱射したりと、目の前の物を全て手に取って遊ぶことのできるのが特徴です。その自由度の高さとコミカルなグラフィックから、YoutubeやSNS場で拡散され、世界中で話題となりました。

そして今回、続編である『Vacation Simulator』が発表されました。テーマは「バケーション」(休暇)。職場の机など室内が主な舞台であった『Job Simulator』とは打って変わり、綺麗な海が自慢の南国のリゾートが舞台です。プレイヤーは開放的なこの地で、自由気ままな休暇を過ごすことができます。もちろん目の前の物を手に取って遊べる所は変わりません。今回、初めて公開されたゲームの紹介ビデオでは、ヤドカリを分解し、ロボットに投げつけたり、ホットドックを食い散らかしたりと、前回作と同様の自由度が伺えます。

https://www.youtube.com/watch?v=8rosV7xGhAU

具体的なコンテンツ販売開始日について言及はありませんが、発表によると2018年中にHTC Vive、PlayStation VR、Oculus Touchなどのプラットフォームで販売が開始されると報じられています。この最新作でゲームがどのような進化を遂げているのか。今後も目が離せません。

Vacation Simulator 公式サイト
https://vacationsimulatorgame.com/
Owlchemy Labs 公式ブログ
https://owlchemylabs.com/announcing-vacation-simulator/

(参考)
‘Vacation Simulator’ is Owlchemy Labs’ New VR Game Slated for 2018 – Road to VR
(英語)
https://www.roadtovr.com/vacation-simulator-owlchemy-labs-new-vr-game-slated-2018/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: Vacation Simulator

この記事を書いた人

  • 田口大智

    明治大学文学部フランス文学専攻に在学中。明治大学硬式野球部引退と同時に休学し、日本マイクロソフトのインターンに9ヶ月間参加。Microsoft Azure やHoloLens 等の啓蒙活動に携わる。現在は米国ワシントン州シアトルに留学中。Twitter:@_taccho

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!