アメリカ人作家の描く“時代劇アメコミ”をVRで体感 あの『タートルズ』とコラボした『兎用心棒』VR展示が京都に登場

  

 
 

株式会社x10studioは、4月15日から5月7日の期間中に開催される「京都国際マンガミュージアム」にてVR体験型展示「スタン・サカイの世界 ~兎用心棒:二条城・忍者道場篇~」とトークイベント 「『兎用心棒』の魅力」を開催することを発表しました。


日系アメリカ人作家スタン・サカイ氏が描く『兎用心棒 (原題:Usagi Yojimbo』は、擬人化された兎の侍が戦国末期から江戸の日本を舞台に仲間たちとの交流や旅を経て成長していく物語を描いた作品となっています。

本作は、14ヶ国語以上で翻訳され、コミックスは200巻を超える30年以上の歴史を持つ人気アメリカン・コミックスです。日本映画『宮本武蔵』や『用心棒』へのオマージュも含まれており、主人公である兎用心棒は、日本でも知られているアニメ『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』にもゲスト出演しています。

本展で体験できる「兎用心棒VR」のコンテンツとして、猫忍者族の忍者になって手裏剣と刀のレッスンを受けることができる『猫忍者道場ゲーム (体験版)』と、大政奉還150年を記念して当時の二条城の天守閣や城の敷地内を舞台に兎用心棒のキャラクターと協力してコウモリ忍者との戦う『江戸時代の二条城体験』を体験することができます。

VR展示、および関連企画であるトークイベントの概要は以下のとおりになっています。

展示の概要

タイトル:VR体験型展示イベント「スタン・サカイの世界 ~兎用心棒:二条城・忍者道場篇~」
日時:2017年4月15日から5月7日の土・日・祝 10:30から17:00
会場:京都国際マンガミュージアム 2階 和室
料金:無料 ※ミュージアムへの入場料は別途必要
主催: 京都国際マンガミュージアム/ 株式会社x10studio 協力:京都クロスメディア推進戦略拠点

トークイベント概要

第1部 13:00から14:00 (会場:ギャラリー6)

トークイベント 「『兎用心棒』の魅力」
京都の時代劇文化の発信の一翼を担う森脇清隆氏が聞き手を務め、『兎用心棒』の世界観やストーリー、キャラクター誕生の経緯や物語のアイデアの源泉、30年続くシリーズの中での変遷、海外での反応など作品にまつわるエピソードから海外から見た時代劇の魅力と可能性を掘り下げる。

第2部 14:10から15:00 (会場:和室)

サカイ氏によるライブドローイングイベント後、サイン会及び質疑応答。

 

(参考)
VR体験型展示 スタン・サカイの世界 ~兎用心棒:二条城・忍者道場篇~
https://www.kyotomm.jp/event/eve_stansakainosekai/

VR体験型展示「スタン・サカイの世界 ~兎用心棒:二条城・忍者道場篇~」関連トークイベントアメコミ「兎用心棒」の魅力
https://www.kyotomm.jp/event/eve_usagiyojimbo/

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ