米海軍、射撃ナビゲート用ARヘルメットを公開訓練に使用へ

VR技術やAR(拡張現実)技術の使用は軍事機関の間でも広がっています。

アメリカ海軍は6月に開催される公開訓練Trident Warrior exerciseにて、射撃をナビゲートするARヘルメットを使った銃砲練習を公開します。

射撃をナビゲートするARヘルメット

米海軍がロサンゼルスに拠点を置くソフトウェア開発企業Daqriと共同で開発したARヘルメット「GunnAR」は、海軍兵の銃砲をサポートするヘルメットです。

GunnARは兵士に上官からの砲撃命令を伝えるとともに、視界に射撃情報のデータを共有します。また、ターゲットの位置や状態を認識し、“撃て”や“撃ちかたやめ”などの命令を発することもできます

GunnARの開発者は「戦場では他の銃撃などで、射撃の命令を含めほとんど何も聞こえません。GunnARは戦場で銃撃の際に兵士たちのコミュニケーションをより円滑にしてくれます」と語ります。


また、GunnARは兵士たちの銃撃練習でもその効果を発揮しています。

the West 2017 Navy Conferenceにて、実際にGunnARを使ったAnthony Cociffi 三等海曹は「さまざまな銃撃練習をしてきましたが、全く新しい経験でした。費用も節約できますし、場所も必要でありません。とても役に立つと思います。」とコメントしています。

GunnAR以外にも、オーストラリア空軍が次世代部隊向けにHoloLensを使ったテストやデモを行ったり、各国の軍事機関がHTC ViveやOculus Riftを使い軍事教練用シュミレーションを採用したりと、軍隊でのVR/AR技術の使用が増えています。

(参考)
US Navy Testing Gunnery Augmented Reality Helmet Next Month
https://vrscout.com/news/us-navy-augmented-reality-helmet-gun/ (英語)

Trident Warrior exercise 公式情報 https://defensesystems.com/articles/2017/04/21/trident.aspx (英語)

※Mogura VRはVR Scoutとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!