Upano、12Kの3D撮影可能な360度カメラを2017年下半期に発売か

360度カメラの開発・販売などを行う中国企業Upanoは、新型の360度カメラを開発中であり、2017下半期にリリースすることを明らかにしました。

写真はUpano社の前モデル「Upano XONE」(解像度は6K)

リリース予定の360度カメラには12個のレンズが搭載、また3DVRの撮影機能と12Kの解像度を持っており、映画撮影向けの画像センサーが配置されています。Upano専用のリアルタイム処理技術が使用されており、撮影中に配信を行うことなどができるとのこと。

Upano社は、ターミナルケア(終末期医療)をテーマにしたVRドキュメンタリー映画『摆渡人』の制作なども行っており、2016年に発表した360度カメラ「Upano XONE」は2016年11月にペルー・リマで開催されたAPEC首脳会議の撮影に使用されています。

Upano公式サイト

http://www.upano.cn/

(参考)

Upano欲推出12K 3D VR摄影机 2017下半年发布

http://news.87870.com/xinwennr-18409.html

※Mogura VR は、87870.comとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ