Unity、新プラットフォームDaydreamにネイティブ対応

ゲームエンジンUnityは、グーグルが進めているVRの新プラットフォームDaydreamにネイティブ対応しました。

テクニカル・プレビュー版での実装

unity daydream
今回のネイティブサポートはテクニカル・プレビュー版での実装となります。ネイティブ対応により、UnityでDaydream向けのVRコンテンツが開発しやすくなります。SDKのインストールなど複雑な操作を行わずに、UnityのインターフェースにてDaydreamへの対応を自然に行うことができるようになりました。発表を行ったユニティ・テクノロジーズのブログによると、「重要な最適化と遅延の削減」を図ることができるとしています。

実装の手順

具体的には、以下の手順で実装可能です。

テクニカル・プレビュー版をダウンロード

1.Unity公式より、カスタム版のUnity EditorとDaydream用Androidランタイムをダウンロードし、インストーラーからインストールします。

2.Unityを起動し、プロジェクトを立ち上げます。

3.Editより、Project SettingsからAndroidを選択します(以下の図中の1)

4.「Virtual Reality Supported」にチェックを入れます。
unity daydream

5.直下の+マークより対応プラットフォーム(Daydream)を選択します。
image00

6.(オプション)
Daydreamの横から、詳細なSDKの設定を変えることができます。
unity daydream

7.Player SettingsからAPIレベルを最新にものに設定します。
unity daydream

Daydreamとは

Daydreamは、グーグルが5月に発表したスマートフォン向けのVRプラットフォームです。既に展開しているCardboardと異なり、AndroidのOSレベルでハードウェアとソフトウェアがVR向けに最適化された“ハイエンド”なVR体験が可能になります。

対応するスマートフォンの製造に取り掛かっているメーカーには、サムスンやHTCなどAndroid搭載スマートフォンを開発している世界中のスマホメーカーが名を連ねています。対応するヘッドセットはグーグルが発売予定。2016年秋にリリースされる予定とされています。

グーグルは、10月4日に発表会を予定しており、Daydreamについての詳報が待たれます。

(参考)
Daydream Technical Preview Available Now - Unity公式ブログ(英語)

https://blogs.unity3d.com/2016/09/22/daydream-technical-preview-available-now/

Unity Adds Support For Google’s Daydream VR Platform – UploadVR

http://uploadvr.com/unity-adds-daydream-support/

※Mogura VRは米UploadVRとパートナーシップを結んでいます。

Googleが推進する、高品質なモバイルVRのプラットフォーム『Daydream』についての最新情報はコチラ

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/