Unityアワーズ、VR部門の大賞ノミネート作品が決定

ゲームエンジンUnityを提供するUnity社は、9月22日に結果を発表するUnity製コンテンツのコンテストUnityアワードの大賞候補作品を発表しました。

今年から新たに設けられたVR体験部門では6作品が選ばれています。

Headmaster / Frame (Project Morpheus)

https://www.youtube.com/watch?v=wQ8fj8gdBSE

サッカーボールに向かってヘディングをして点数を稼ぐゲームです。プレイヤーの動きをトラッキングする機能を利用しています。

I Expect You To Die / Schell Games(Oculus Rift)

https://www.youtube.com/watch?v=zPFcy05GRug

車に仕掛けられた罠を解き、危険な研究所から脱出するゲームです。車内にある色々なものを頭を動かして調べて捜索するのが面白く、脱出ゲームの新たな次元を見せてくれます。

レビューとダウンロードはこちら

Job Simulator: The 2050 Archives / Owlchemy Labs (HTC Vive)

https://www.youtube.com/watch?v=d4hUtoOS3TM

遠い未来、全てが自動化した中、大昔のやり方で厨房で料理をしてみよう。ロボットの仕事(Job)になっている仕事をシミュレーションするゲーム。食材を掴んで投げつけたりと、遊びの要素の多いゲームです。

Lucky’s Tale / Playful Corp (Oculus Rift)

https://www.youtube.com/watch?v=jqEm1fXBWKg

CEDECでも展示された、3Dアクションゲーム。VRならではの面白さが活かされています。

レポートはこちら
小さな相棒はまるで”生きている”。Crescent Bayで体験するVRアクション「Lucky’s Tale」レポート

The Gallery: Six Elements / Cloudhead Games (HTC Vive)

https://www.youtube.com/watch?v=AX_USYc2VtM

こちらもしばしば取り上げているHTC Vive向けのアドベンチャーゲームです。HTC viveのルームスケールのトラッキングを活かしたデザインに注目です。

紹介記事はこちら
HTC Vive向け注目のアドベンチャーゲーム『The Gallery』の新たなティザーが公開

Tilt Brush / Google (Oculus Rift ほか)

https://www.youtube.com/watch?v=uFWw6hGIKmc

開発チームをGoogleが買収したVRお絵かきソフト。このソフトを使って制作されたアートの展覧会も開催されている。

Unityアワードでは、現在大賞を決めるためのユーザー投票を行っています。VR部門を含む全ての部門への投票はこちらから。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ