Unity、360度スクショを可能にする「Ansel」などをサポートへ

11月1日から3日にかけて、米国ロサンゼルスにてUnityのデベロッパ―向けイベント「Unity LA」が開催されました。そこでUnityがNvidiaと提携し、VRWorksAnselを含むGameWorksをサポートに追加することを発表しました。

VRWorks

UnityがGameWorksをサポート。開発者の利便性の向上をはかる

「VRWorks」とはVRコンテンツ開発者向け支援ライブラリであり、ゲーム開発向け支援ライブラリGameWorksの一部です。今回選ばれた開発者には、VRWorksをサポートしたNvidia版のユニティエンジンへのアーリーアクセス権が付与されます。このビルドにはNvidia VRWorksの従来の特徴であるVR SLI、マルチレスシェーディング、レンズマッチシェーディング、シングルパス・ステレオなども含まれます。

アーリーアクセス権の申し込みは以下から行うことができます。

https://developer.nvidia.com/nvidia-vrworks-and-unity

ゲーム内の360度スクリーンショットを撮影する「Ansel」

また同じくUnityのサポートに追加された「Ansel」は、ゲーム内のスクリーンショットを360立体画像としてキャプチャーできるカメラシステムです。Nvidiaによると、AnselをUnityに対応させるプラグインは、11月第2週にUnityアセットストアに追加されるとのこと。

Ansel

ゲーム内の360度画像撮影を可能にする「Ansel」システム。

これらがUnityのサポートに追加されることで、開発者がVRWorksとGameWorksをゲームに取り入れることが容易となり、開発の利便性向上や開発サイクルの短縮につながります。

Cloudhead GamesのプロデューサーであるTed Carefoot氏は、「VRコンテンツを最適化することは、常に大きな課題です。そのため我々はVRWorksでNVIDIAと働けることに非常に興奮しています。マルチレスシェーディングやレンズマッチシェーディングなどの機能は、美しくインタラクティブな没入型VRワールドの制作には欠かせないツールです」のように述べています。

(参考)
NVIDIA and Unity Partner to Bring VRWorks, Ansel to Developers(英語)

https://blogs.nvidia.com/blog/2016/11/01/nvidia-unity-vrworks-ansel/

VRコンテンツの制作ノウハウを取り上げた記事はこちらでまとめています!

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • fukafuka_san

    VRやARなどのロマン溢れる最先端技術に興味のある理工系大学院生です。趣味でホームページや動画の制作も行っており、現在は「Mogura VR」さんにてVR関連の記事を執筆しております。

    Twitter:@FukaFuka295

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/