『Unite 2016 Tokyo』の基調講演にソニー吉田氏が登壇。『cluster』によるVR中継や、VR体験コーナーも

ゲームエンジン『Unity』を開発するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、公式カンファレンスイベント『Unite 2016 Tokyo』を4月4日(月)、5日(火)にヒルトン東京お台場で開催します。4日(月)に行われる基調講演に、SIEワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏らが登壇することが発表されました。

unite2016tokyo

吉田修平氏による講演内容は、PlayStation VR の最新状況や、ジャンルを問わないVRコンテンツの広がりについての動向というテーマになります。また、吉田修平氏の講演を含む全ての基調講演は、ソーシャルVRアプリ『cluster』で中継されバーチャル体験することが可能となります。

cluster

『cluster』は最大1,000人規模のバーチャル集会が可能で、3月21日に開催されたイベント「VRごっちゃにLT会 in バーチャル #2」は500人の定員で行われました。『Unite 2016 Tokyo』は事前の参加申込みは不要で、アプリを4月4日(月)当日の10時30分に起動することで参加できるとのことです。

cluster ダウンロードページ
https://cluster.mu/ja/download

会場にはVRヘッドマウントディスプレイとVRコンテンツの体験コーナーが展示されます。PlayStation VRとOculus Rift製品版の2つのVRヘッドマウントディスプレイを体験できます。

また、Made with Unity ギャラリーコーナーでは、Unityで開発されたコンテンツを体験することが可能です。展示されるVR/AR関連のコンテンツは以下の通りです。

・ガンナーオブドラグーン(野生の男氏)
・戦艦大和VR復元計画(株式会社神田技研)
・セツナセーバー(株式会社桜花一門)
・HADO(株式会社meleap)
・onAirVR(clicked)

(参考)
『Unite 2016 Tokyo』基調講演の登壇者を発表 世界初となるVR空間でのUnite基調講演も実施
http://japan.unity3d.com/blog/press/20160331

(関連記事)
【インタビュー】PS VRの発売時期や価格のワケは?年齢制限など気になることをSCE吉田氏に聴く

【Unite2015レポート】Gear VRでVRコンテンツを開発するために知っておきたいこと

Oculusの創業者パルマー・ラッキー、VRの未来と日本のコンテンツへの期待を語る

この記事を書いた人

  • th_image01

    VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いを担当しています。

    Twitter:@oo2gu

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/