Unreal Engine 4.12がリリース。VR内で世界を作れるVRエディターの実装などVR関連の主な更新まとめ

エピック・ゲームズは、同社のゲームエンジンUnreal Engine4(UE4)をアップデートし、バージョン4.12をリリースしました。総計106個の修正点を盛り込み、VRエディターの実装などVRに関する更新も含まれています。

主な更新は以下の通りです。

プレビュー版VRエディターの実装

UE4

VRエディターは、Unreal Engine 4をHTC ViveやOculus TouchなどのVRデバイスとモーションコントローラーで使用することにより、VRの中で世界を作っていくことができるツールです。

2016年2月に発表され、ついにプレビュー版として実装されました。VRの中で実際に手を動かしながら、物を配置したり、表示されるメニューから様々な機能を選択できます。

UE4

UE4

エピックゲームズは、現時点でこのVRエディターは本格実装前の実験的な“プレビュー版”であるとしています。このVRエディターはUE4を起動し、エディタの設定画面で「Experimental/VR」のセクションにて「Enable VR Editing」をONにし、ツールバーに出現する「VR Mode」ボタンを押すことでいつでもVRモードに入ることが可能です。

このVRモードを使用するためにはVRデバイスとモーションコントローラーが必要となります。現時点ではHTC ViveとOculus Rift&Oculus Touchの2種類のデバイスに対応しています。

エピックゲームズは今後VRエディターをさらに洗練させていくとしています。

(関連記事)
エピックゲームズ、モーションコントローラーを使用してVRの中でコンテンツを作れるVRエディタの公開を発表

GoogleのDaydreamに対応

daydream
UE4.12では、5月に発表されたGoogleのスマホ向けVRプラットフォームDaydreamのVRサポートを実装しました。

Daydreamは今秋より展開予定の高品質なスマホVR体験が可能なプラットフォーム。UE4はそのコンテンツ制作に必要な全てをサポートするとしています。

(関連記事)
Google、新VRプラットフォームDaydreamにはUE4とUnityがネイティブ対応

OSVRをサポート

OSVR
オープンソースなVRシステムを謳うOSVRに対応。OSVRに属するデバイスを使ったコンテンツ開発も可能となります。

様々なSDKのアップデートに対応

UE4

UE4.12では様々なプラットフォーム向けのSDKのアップデートに対応したとしており、VR関連ではOculus、SteamVR、Daydreamなどが挙げられています。

また他にも様々な修正が施されています。詳細はUE4の公式ブログをご参照ください。

(参考)
UNREAL ENGINE 4.12 RELEASED! – Unreal Engine公式ブログ
https://www.unrealengine.com/blog/unreal-engine-4-12-released

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/