エピックゲームズ、モーションコントローラーを使用してVRの中でコンテンツを作れるVRエディタの公開を発表

GDC2016におけるEpic社のUnreal Engineのプレゼンテーションにて同チームは、Oculus Riftとモーションコントローラを使用して、VR内でVRコンテンツの制作を行うことのできるエディタのデモンストレーションを行いました。合わせて、モーションコントローラーとVRヘッドマウントディスプレイを所持している開発者向けにエディタを公開しました。開発者はOculus RiftとOculus Tocuh、HTC Viveを使って、VR空間内でVRコンテンツの制作が可能になります。

VRエディタ

関連: エピックゲームズ、UE4のVR版エディタを発表。VR内で歩いて手を動かしてVRの世界を創造

デモンストレーションでは、コンテンツプラウザ、マテリアルエディタ、ブループリントスクリプトGUIなどのエディタメニューを全て披露しました。さらに、VRヘッドセットとモーションコントローラ、そしてUnreal Engineへのアクセス権を有している人は今すぐにエディタを試すことができます。

以下、エディット中の画像となります。

VRエディタ

VRエディタ

VRエディタ

VRエディタ

image04

(関連記事)
エピックゲームズ、UE4のVR版エディタを発表。VR内で歩いて手を動かしてVRの世界を創造

(参考)
Unreal Engine VR Editor Demonstrated on Oculus Rift and Touch, Available Today(英語)
http://www.roadtovr.com/unreal-vr-editor-demonstrated-on-oculus-rift-and-touch-available-today/

新発表、レポートなどGDC2016関連の記事はこちらからご覧いただけます。

GDC2016特集

この記事を書いた人

  • fukafuka_san

    VRやARなどのロマン溢れる最先端技術に興味のある理工系大学院生です。趣味でホームページや動画の制作も行っており、現在は「Mogura VR」さんにてVR関連の記事を執筆しております。

    Twitter:@FukaFuka295

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/