Ubisoft、『スター・トレック』の乗組員になりきるマルチプレイのVRゲームを発表

大手ゲームスタジオUbisoftは、6月13日に開催されたプレスカンファレンスにて、人気SFシリーズ『スター・トレック』のVRゲームとなる『Star Trek Bridge Crew』を発表しました。

スター・トレック

Star TrekのVRゲーム、『Star Trek: Bridge Crew』

スター・トレック
『Star Trek: Bridge Crew』は4人同時にプレイできるゲーム。プレイヤーは(ほかの3人のプレイヤーと共に)連合軍の宇宙船「Aegis」に乗車するパイロットとなります。

スター・トレック

ゲームは基本的に座って行うため、長時間のプレイにも向いていると言えそうです。プレイヤーはキャプテン、操舵手、エンジニア、参謀いずれかの役を演じることになります。また、ハンドコントローラーでの操作はもちろん、ボイスチャット機能も存在し、これが互いの意思疎通に一役買っています。

なお、ゲームの開発はUbisoft内のスタジオ「Red Storm」が担当しています。

スター・トレック(ゲームプレイイメージ。友達と椅子に座りながら遊べる。)

Star Trekシリーズ

スター・トレック

「Star Trek」シリーズは派生作品群全体で時間軸が共有されているのが特徴ですが、本作品『Star Trek: Bridge Crew』は、J.J.エイブラムス監督による劇場版第11作目、リブート作品(以前の作品の直接的な続編ではない)の時代を舞台にしています。スポックの出身惑星(バルカン星)が破壊され、次なる故郷を探すための調査が行われている時空という設定で行われます。

Ubisoftは他にもOculus Rift、PlayStation向けのVRゲーム『Eagle Flight』やVRで遊ぶ人狼『Werewolves Within』など様々なゲームを開発中です。

リリース時期と対応デバイスは不明。プレスカンファレンスで流れた動画ではOculus Touchでプレイしている様子が収められていました。

(関連記事)
【プレビュー】そうか自分は鳥なのか…。Ubitsoft初のVRゲーム。鷲になってパリの街を飛び回る『Eagle Flight』

UBI初のソーシャルVRゲームは人狼。『Werewolves Within』が今年の秋に発売

この記事を書いた人

  • 東京大学工学部,UT-virtual所属.趣味は音楽(作詞作曲編曲)や物語の創作.ストーリーテリングや人間の振る舞いを変化させるための強力なツールとしてVRに強く惹かれています.境界が曖昧なものと予測不可能なもの,そしてvirtualという概念が好きです。

    Twitter:@yunoLv3

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ