イライジャ・ウッド、アサシン クリードのUbisoftと共同でVRコンテンツを制作中

ロード・オブ・ザ・リングなどで知られる俳優のイライジャ・ウッド氏が立ち上げた制作会社SpectreVision、ゲーム会社大手Ubisoftと共同でVRコンテンツを制作していることが明らかになりました。

ウッド氏は、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで主人公のフロド・バギンズ役を務めた俳優として知られています。俳優を続けながら、2010年に制作会社SpectreVisionを立ち上げています。Oculus Story Studioが制作したハリネズミが主人公のショートムービー『Henry』に声で出演するなどVRには強い関心があります。

Ubisoftは『アサシン クリード』シリーズなど人気ゲームを世に送り出しているゲームメーカー。最近はVR向けのアサシン クリードの360度ティザームービーや、PlayStation VR向けのソフト『Eagle Flight』を発表しています。

関連記事:雰囲気満点な「アサシン クリード シンジケート」の最新DLCの360度動画が公開。YoutubeとGear VRで体験可能

『アサシン クリード シンジケート』の最新DLCの紹介動画。360度で見渡すことができます。産業革命期のロンドンの雰囲気が見事にCGで再現されています

https://www.youtube.com/watch?v=WRteiFbn25Q

PlayStation VR向け『Eagle Flight』鷲になって街の上空を飛び回るゲーム。マルチプレイヤーモードにも対応。

https://www.youtube.com/watch?v=q8GwRiTTO3o

両社は、オリジナルでインタラクティブ性のあるVRコンテンツを制作しているとのこと。

ハリウッドの著名人によるVRへの取り組みは、他にもスティーブン・スピルバーグが参画するVRコンテンツ制作会社The Virtual Reality Companyやケビン・スペイシーによるイギリスの美術館保存プロジェクト『WoogbertVR』への個人投資などが知られています。

関連記事:スピルバーグがアドバイザーを務めるVRコンテンツ制作会社「The Virtual Reality Company」

(参考)
Elijah Wood Working With Ubisoft on a VR Project
http://uploadvr.wpengine.com/elijah-wood-working-with-ubisoft/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/