TwitterのVine担当幹部がGoogleのVR部門へ

Twitterで動画サービスVineを担当していた幹部Jason Toff氏が、GoogleのVRに転職したことが同氏のTwitterより明らかになりました。

Googleのは、先日VR部門を立ち上げたばかり、Cradboardを中心とするVRへの取組を加速させると見られています。

Toff氏はVRに関わる喜びを表現するとともに、寄せられたリプライに対し「Vine事業を去るのは断腸の思いだった」とも述べています。

VRに関する人材の動きは活発化しており、先日AplleにVRの専門家氏が参画することが明らかになりました。

関連記事:アップルに新たに3Dインターフェース、VR/AR分野の専門家が合流

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/