【体験レポ】テレ朝夏祭り『しくじり先生VR』で生徒になって収録体験

テレビ朝日社屋と六本木ヒルズで7月16日から8月28日まで『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』が開催されています。

こちらでは色々な体験ができるのですが、VR体験コーナーもあって盛況です。

『しくじり先生VR』

しくじり先生VR

しくじり先生VR

VR体験コーナーがあるのはテレビ朝日本社1階アトリウムです。入り口から入って少し中に入ると、バラエティ番組『しくじり先生』でよく見る教室が目に飛び込んできます。

この教室本物の『しくじり先生』で使われているセットを使っているとのこと、番組のファンでなくとも、本物のセットの造り込みが見られる貴重な体験にわくわくします。

各机に一個ずつ置いてあるのGear VR。机には普段座っているはずのタレントの名前が貼ってあるのもうれしいですね。

『しくじり先生VR』で見られる授業は3つ「内山信二先生(体験時間約8分)」「タイムマシーン3号先生(体験時間約9分)」「オリエンタルラジオ中田敦彦先生(体験時間15分)」事前にどれを見たいか決められます。

Gear VRを被ると、被る前に見ていたのと同じ教室。違うのは一番前の席に座り、左右、後ろに生徒役のタレントが学生服姿。前は今回の先生は中田敦彦(オリエンタルラジオ)先生。下を向くと、番組で使われている教科書と、自分の腕ではありませんが、腕は生えてるので授業が進むに従い、ちゃんと教科書がめくれていきます。(人が入れる特注のカメラ台を作り、中に背の低いスタッフさんが入って腕だけ出しています)

同級生は武田玲奈さん、高山一実(乃木坂46)さん、若林正恭(オードリー)さん、吉村崇さん(平成ノブシコブシ)、澤部佑(ハライチ)さん。特に澤部さんは真後ろの席なので振り返ると、本物の教室で振り返ったのと同じような間近さ。大笑いされていると、迫力にのけぞります。右側には若林さん、高山さん。左側は、武田さんと吉村さんの席。さらに向こう側に、現実ではこの『しくじり先生VR』を待っている沢山のお客さんが並んでいますが、VR空間では大勢のスタッフと、TVカメラ、モニターが並んでいます。本当に撮影現場にキャストとして参加している気分です。

今回は中田先生が吉村さんがいかにすごい偉人かを説明する授業です。どのような内容かは実際見ていただくお楽しみですが、見どころは、先生も生徒も、転校生である体験者をとても気遣ってくれるところです。常に「大丈夫?」「びっくりしてない?」と顔を覗き込んでくれます。優しさに本当の転校生のようなくすぐったい気持ちになります。

ヒートアップしてつかみ合いになったときなど筆者の真上を腕が伸びていきます。前だけを見て授業を受けるのも良いですが、先生の発言に後ろを向いて他の人の反応を見るのも楽しいです。TVでは編集した、これを見せたいという映像ですが、360度ならどこでも見たいとこを見られます。好きな人をずっと見続けるも良し、スタッフの反応を見るも良しです。収録中のプロの現場が見られます。

『Create presents 一流のセカイ』

しくじり先生VR

しくじり先生VR

こちらもGearVRを装着します。見られるのは、東京ヴェルディのプレー風景。参加選手は、DF2安西幸輝選手、DF6安在和樹選手、MF20井上潮音選手、DF24林昇吾選手、GK26太田岳志選手、FW27郡大夢選手、FW29北脇健慈選手。

この7選手が、目の前で華麗なボール裁きを見せてくれたり、フリーキックを蹴るのをそばで見られるかと思うと、恐怖のGK目線でのフリーキックと壁の選手に混じってのフリーキックも体験できます。

特にGK目線と壁の選手目線のフリーキックは、カメラぎりぎり、つまり体験者の顔ぎりぎりを掠めていくので映像でもヒヤッとします。

壁になっているときも、フリーキックを打つときも、間近にいる選手が目を合わせて声をかけてくれるなど、サッカーファンならずとも嬉しくなる体験が味わえます。

『アイドルお宝くじ360PIT Presented by ヤマハ発動機』

しくじり先生VR

しくじり先生VR

ヤマハ発動機のスクーター、トリシティ125にまたがって、Gear VRを被ると、整備士に扮したアイドルとVR空間で会えるというもの。

会えるアイドルは、PASSPO☆、アップアップガールズ(仮)、GEMです。

筆者が選んだのはアップアップガールズ(仮)、トリシティ125にまたがっていると、目の前をつなぎを着たアイドルが歩いてきます。途中に左後ろから声が聞こえると目の前に声のする方を指し示す矢印もでるので、気づいたらそばにいたということはありません。3人目は右後方からやってきます。3人ともバイクの説明をしてくれますが、最後は体験者を2乗りのデートに誘って、張りあってくれるという夢のようなシチュエーションを味わえます。

実際のスクーターに乗っている感覚があるのでVR空間内でも、違和感を感じにくくなっています。アイドルとの距離も近いですね。一番近いときで顔が10cm程の距離にあります。3人出て来るのでどの子を見るか迷ってキョロキョロしてしまうコンテンツです。

『フォーミュラE×VR シミュレーター 六本木サーキットを疾走しよう!』

しくじり先生VR

しくじり先生VR

フォーミュラEというのは電気自動車のF1レースです。その走りを、実際に選手が使うドライビングシミュレーター+HMD+ドライビングシートを用い体験できるものです。コースは実際の六本木ヒルズ近辺をCGで再現したもの。来るときに通ってきた通りを疾走できるものです。

しくじり先生VR
操作方法はギアを変えることはないものの、本当に運転してるのと同じような、レース気分を味わえます。

バラエティ、アイドル、スポーツ、ドライビングと、VRをジャンルが被ることなく4種類楽しめます。有料チケットのサマパスは必要ですが、手軽に色々なVRジャンルが楽しめます。

テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION

期間 7月16日〜8月28日
場所 テレビ朝日本社1階アトリウム
上記コンテンツの営業時間 11:00〜19:00
チケット サマパス 大人(中学生以上)2,000 円(税込) 小人(4 歳〜小学生)1,000 円(税込)

関連記事はこちら

この記事を書いた人