各デバイスの出荷台数は?Trendforce、ハイエンドVR市場の調査結果を発表

台湾の調査会社TrendForceは、最新のVR市場調査の結果を発表しました。クリスマスギフト用としてVRデバイスの販売が好調とのこと。2016年、世界中で販売されるVRデバイス(モバイルVRデバイスを除く)の出荷台数は291万台に達し、1位がSony(PlayStation VR)、2位がOculus(Oculus Rift)、3位がHTC(HTC Vive)となっています。2017年にはさらに75%増の510万台が出荷されると予測しています。

本調査報告では、VR機器をいわゆるハイエンドVRであるPlayStation VR(PS VR)、Oculus Rift、HTC Viveに絞って言及しています。

2016年のグローバルVR市場の概況

「PS VR、Oculus Rift、HTC Viveの出荷は、主要部品の不足や生産性が低いことにより低迷しており、2018年までは市場への供給が逼迫すると考えられます。」TrendForceのウェアラブル機器担当アナリストであるJason Tsai氏は述べます。

需要の面では、2016年に販売するVRデバイスの多くは、世界中で最も消費が盛んになるクリスマスシーズンの動向に依存しています。ゲーム用ハードウェアやソフトウェアの販売がこのシーズンにピークを迎えることから、VRデバイスの販売も盛り上がる見込みです。VRデバイスは目新しさもあり、クリスマスギフトとして人気の出る商品の1つになると予想されます。

PS VRは、今年の年間生産量は150万台に達する見込みです。この数字は、有機EL(AMOLED)パネルの不足と生産時の歩留まり率が低いにも関わらず、他の2大ブランドより多く、年間最高の生産数を記録しています。

Tsai氏はまた、12月のPS VRの売上は年間売上の半分を占めるだろうと述べました。PS VRはPS4のアクセサリーとして販売され、PS VRの在庫はクリスマスシーズンの終わりまでにほぼなくなると考えられます。SIEはこのような強い需要に応えるため、来年の出荷台数をより増やそうと熱心に動いています。加えて、SIEはより多くのサードパーティ製PS VR向けゲームを来年発売しようとしています。TrendForceは2017年におけるPS VRの出荷台数は250万台に達し、年間成長率は66.7%になると予測しています。

TrendForceの見積もりによると、2016年のOculus RiftとHTC Viveの出荷台数は、それぞれ65万台と46万台です。OculusとHTCはソニーに比べて量産数が少ない一方で、どちらも需要はあり続けると予測しています。TrendForceはRiftとViveのクリスマスシーズンにおける在庫について、少なくはなりますが、PS VRほどではないと予想しています。

2017年、Oculus RiftとHTC Viveの出荷台数は、サプライチェーンを強化することで、それぞれ120万台と60万台に達すると予測しています。さらに、両ブランドは新規需要を作り出すため、2017年の第4四半期から2018年の第1四半期に次世代VRデバイスを発売するのではないかと予想しています。

TrendForceの推計によると、2016年のグローバルVR市場の収益はわずか19億ドルにすぎません。収益源にはハードウェアとソフトウェアが含まれますが、モバイルVRデバイスからの収益は除かれています。VRテクノロジー開発の初期段階では、ハードウェアが重視されるため、ソフトウェアに対する総収益の割合も高くなっています。

現在のVR市場の発展はハードウェアが牽引しているため、部品の不足、特にAMOLEDパネルの供給不足により成長が遅れている、とTrendforceは言及しています。ディスプレイ業界がAMOLEDパネルの生産能力を大幅に拡大するには時間がかかります。そうしている間に、スマートフォンでAMOLEDが普及するとVRデバイスへの供給はさらに圧迫されてしまいます。VRデバイスのベンダーは2016年、部品供給不足と生産時の歩留まり率が低い問題により、出荷額が目標を下回っていることが判明しています。

TrendForceは、ハードウェアの出荷が安定し始める2018年にVR市場がより急速に拡大すると予測しています。2020年までに、グローバルVR市場は224億ドルに成長し、ソフトウェアはハードウェアと比較してより大きな収益シェアをもち、さまざまなVR関連アプリケーションが登場すると考えられます。

言及されなかったモバイルVRの動向

TrendForceは今回の調査でハイエンドVRに対象を絞っています。サムスンのGear VRやグーグルのDaydreamなど、スマートフォンを使ったモバイルのVRはハイエンド以上に普及が進むという見方もあります。Gear VRは出荷台数こそ明らかになっていないものの、月間のアクティブユーザーが100万人以上いることが明らかになっています。モバイルVRの市場動向に関しても注目したいところです。

(参考)

TrendForce Projects Global Shipments of VR Devices for 2016 to Reach 2.91 Million Units, Driven Mainly By Holiday Sales – (英語)

http://press.trendforce.com/press/20161215-2714.html

この記事を書いた人

  • あつぽん

    日本でMRシステムの開発に携わった後アメリカへ渡り、VR/MRシステムを企業へ導入するための検討・開発に従事。現在は日本在住。

    人間の能力そのものを拡張させるテクノロジー「ヒューマンオーグメンテーション」のコンセプトに惹かれ、その界隈の動向に強い関心を持っています。その中で実用化フェーズにあるVR/MRの盛り上がりをより広い範囲へわかりやすく伝えていきたいと思っています。

    Twitter:@atupon

    Blog:http://nybiboroku.info/

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ