話題のVRリズムアクション『Airtone』が東京インディーフェスに出展

リズムアクションVRゲーム『Airtone』が、5月13日・14日に秋葉原UDXで開催される「東京インディーフェス」に出展することが発表されました。13日はビジネスデー、14日は一般公開となっています。

メインキャラクター「ネオン」

アミューズメントメディア総合学院の商用ゲーム作品を開発する機関「AMG GAMES」が手がけた『Airtone』は、空を飛びながらリズムに合わせて流れてくるノーツをタイミング良く処理していくリズムアクションVRゲームです。

https://www.youtube.com/watch?v=mhFNqU_-jPU

メインキャラクターである少女「ネオン」のデザイン制作は、アニメ『亜人』、『シドニアの騎士』などのデザインを手掛けた株式会社ポリゴン・ピクチュアズの森山佑樹氏が担当。また、音楽制作を株式会社ノイジークロークとアミューズメントメディア総合学院の音楽事業部AMG MUSICが担当しています。

イベント概要

開催日時:5月14日10:00から17:00
開催場所:UDX アキバ・スクエア
       東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 2F
同時開催:東京インディーズ・ゲームフェスティバル
     コーディング フォー ライフ
入場料:一般/学生 2,000円(当日2,500円)/1,000円(当日1,500円)
     チケット購入は、コチラのページから行えます。

なお本チケットで、各国から集まったVRゲームや最新作品が展示され、触れることができる同時開催の「VRラウンジ」も楽しむことができます。

(参考)
プレスリリース

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ