東京都、外国人向け観光促進に360度動画を活用開始

様々な映像や写真技術がありますが、その中でもVRの強みは、「私たちがそこにいる」という臨場感ではないでしょうか。異国情処溢れる街から贅沢な旅まで、観光業界でVRを使用したコンテンツは様々な展開がされています。

東京都は、11月26日にWebサイト「TOHOKU & TOKYO」を開設、東京と東北各地を結ぶ観光ルート及び観光スポットの紹介を行い、東京と東北地方双方の多様な魅力を海外に向けて広く発信することを目的としています。そのメインコンテンツとなっているのが各地の360度映像です。

四季ごとに各県の360度動画が公開されており、現在公開されているのは、春夏の映像。合計10個のコンテンツの閲覧が可能です。東京の街並みの他、日本三大花火大会の1つである「大曲全国花火競技会」の映像や、青森のねぶた祭など、海外の視聴者が日本で行われる魅力的なイベントを巡ることができる構成となっています。

大曲全国花火競技会 / 秋田県

https://www.youtube.com/watch?v=ForZWSwXxMU

ねぶた祭 / 青森県

https://www.youtube.com/watch?v=m4Zk_LakILA

今後、さらに秋冬のコンテンツを追加する予定となっています。

<参考>

東京都

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2015/11/20pbq500.htm

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ