Tobii、VRヘッドセットにも搭載できる新たな視線追跡システムを発表

スウェーデンのTobii社は、視線追跡(アイトラッキング)デバイスの開発・販売を行っています。
アイトラッキングについては、先日もMogura VRの記事でも取り上げましたが、VR分野でも注目されつつある技術分野の一つです。

関連記事:Oculusも注目しているVRにおける視線追跡技術

10月15日、Tobii社は新製品IS4アイトラッキング・プラットフォームと、小さなチップ型の”Tobii EyeChip”を発表しました。これまで様々な商品を開発してきましたが、今回のプラットフォームはOEMとして提供され、一般消費者向けのノートPCやタブレット端末、そしてVRヘッドセットにもアイトラッキングを組み込むことを目的として設計されています。

IS4アイトラッキング・プラットフォーム
image201510192008582

Tobii社は、プレスリリースの中で、「1,500万ドルの投資と数年の研究開発を経たこのプラットフォームとチップセットはTobiiの試金石となる」と述べています。

要となるEyeChipは非常に小さなチップですが、世界初のアイ・トラッキング用に用途を特化した統合回路、システム・オン・チップです。トラッキングのパフォーマンスを精確なものにするだけでなく、CPUのロードやバス・ロード電力消費を抑えることも可能です。

EyeChip
image201510192008381

VRヘッドセットにも有用な技術だとして、Tobii社は9月に提携を発表したStarbreeze社のVRヘッドマウントディスプレイ、StarVRにこのチップを提供することを明らかにしています。

関連記事:210度の視野角、5Kサイズの解像度を誇るVRHMD「Star VR」が登場。E3に出展

TobiiはOEMに参加する企業をEarlly Access Programとして募集を行っています。

(参考)
Tobii公式 / Tobii Unveils Next-Generation Eye Tracking Platform Targeting Consumer Devices
http://www.tobii.com/group/news-media/press-releases/tobii-unveils-next-generation-eye-tracking-platform-targeting-consumer-devices/

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
短時間でできるものもありますので学生さん、主婦の方、海外在住の方も大歓迎です。

詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ