VRでモーターショーの美人コンパニオン!8K3D360度カメラを使って激写してきた

10月27日~11月5日の10日間にわたって行われる「東京モーターショー2017」。日本車はもちろん世界中から最新の自動車が集まる日本最大級の展示会であり、世界5大モーターショーの1つに数えられます。また自動車に加えて、華やかなコンパニオンさん達も毎年話題です。今回は開催に先立って行われた25日のビジネスデーに、8K3D撮影ができる360度カメラ「Insta360 Pro」を持ち、撮影に行って来ました。

この記事の3D360度写真の楽しみ方

本記事の360度写真の埋め込みには『ハコスコ』を使っています。ウェブブラウザから見る場合は、写真をマウスでドラッグすると上下左右360度に動かすことができます。スマートフォンで見る際は写真に指を滑らせることで、見回せます。目の前にいるコンパニオンの皆さんだけでなく、会場内の雰囲気や、ブースの様子、そして自動車を鑑賞することができます。

さらに今回撮影したのは3Dの360度写真です。ブラウザから見ると通常の平面の写真ですが、スマートフォンに『ハコスコ』のアプリをダウンロードして、VRゴーグルを使用して見ると3Dの360度写真を鑑賞できます。もちろん上下左右見回すことが可能で、ゴーグルを動かすと写真も同じように動きます。立体感があるので、本当に目の前にコンパニオンの皆さんが立っているような感覚になってしまいます。ぜひ、Google CardboardなどのスマホVRゴーグルでご覧ください。

※ハコスコアプリ:iOS版Android版

※スマートニュースなどの外部配信でご覧になっている方は、360度写真を見ることができませんので、こちらよりGoogle Chrome等のブラウザでご覧ください。

UDトラックスの受付のコンパニオンのお二人と

国内大手のトラック自動車専門メーカーのUDトラックス。「東京モーターショー2017」では『すべてのドライバーにとって、ベストなトラックを目指して。』というテーマで展示を行っています。また、究めて頑丈なことでも一般にも有名な世界最大の大型トラックメーカーであるボルボ・グループの企業です。UDトラックスの受付をされていたコンパニオンさんに撮影にご協力いただきました。

※全画面・VRゴーグルで見る際はこちら

BOSCHのコンパニオンさんと自撮り風に撮影

独BOSCHは世界最大の自動車部品メーカーです。「東京モーターショー2017」は撮影スペースや方法などの撮影ルールを厳格に運営する展示が多かったのですが、BOSCHのコンパニオンの方には今回、自撮り風に三脚を持って撮影していただくことに快諾をもらうことができました。上からの視線でコンパニオンの方を見られるので、とても親しい間柄のような光景となっています。また、すぐ横の近くでは他の撮影に応じているコンパニオンの方々も。ぐるっと周りを見てみると、東京モーターショーの雰囲気も伝わるかと思います。

※全画面・VRゴーグルで見る際はこちら

日野自動車の大型トラックとコンパニオンさん

国内最大手のトラック・バスメーカーである日野自動車のブースで撮影をいたしました。目の前に現れた巨大なバスのフロント、圧巻です。ぜひゴーグルで見上げてトラックを見て、その巨大さを実感してみてください。3Dだと奥行きがありその質感も感じられるかと思います。美女とトラックですね。展示もトラックがスペースを丸く囲むように配置されているので、ぐるっと見回すのも楽しいですね!

※全画面・VRゴーグルで見る際はこちら

1 2 3
Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: 360度カメラ撮影レポートInsta360 Pro人気の読み物東京モーターショー2017

この記事を書いた人

  • VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いと360動画の狩人を担当しています。

    Twitter:@oo2gu