恐竜の時代を探検、『Time Machine VR』Oculus RiftとVive向けタイトルとしてリリース予定

タイムマシーンで恐竜の時代に遡り、生態系豊かな海中を探索するVRゲーム『Time Machine VR』が、2016年4月に、Oculus RiftとHTC Vive向けタイトルとしてリリースされます。

開発しているのは海外では『Papo & Yo』というゲームで有名になったインディクリエイター集団、Minority Mediaです。

Time Machine VR

脅威的な伝染病が蔓延し、人類は絶滅の危機に瀕していた。この病気を治すカギが太古の恐竜たちのDNAにあると知ったプレイヤーは、タイムマシーンに乗って人類を救うために時代を遡る。探索の舞台は、あまたの生物がひしめき合う海中。食物連鎖に支配された水中世界で、様々なメカの力を使って恐竜たちを研究する。

そんなストーリーが展開されます。

周りの時間を少し止める”タイムフリーズ”、見えにくい場所の生物も発見してくれる”トラッカー”、離れたところからもDNA情報を集めてくれる”プローブ”・・・など、便利な機能を使って探索を進めていきます。

https://www.youtube.com/watch?v=OOlL50gprRY

この『Time Machine VR』は、PCゲームのダウンロード販売を扱うサイト「Steam」で、去年から早期アクセスゲームとして公開されています。(早期アクセスゲームとは、開発者は制作途中のゲームを公開することができる仕組み。ユーザーは面白そうなゲームを開発段階から遊ぶことができ、開発者はそのフィードバックを受けることができます。)

現在でも、Oculus Rift DK2を持っている人なら、こちらから購入すれば、開発段階のものをプレイできます。正式版がリリースされた際はそのまま遊ぶことができます。

Minority MediaのCEOであるヴァンダー氏は、以下のように語っています。

「VRは、現実での生活と同じくらい、私たちの脳の直感的な反応を呼び起こします。我々は、新しい種類の、プレイヤーの”不思議に思う感覚”を刺激するようなゲームを創ることができるようになりました。

VRにおいて、何かを撃ったり破壊したりすることは、そんなに魅力的なことではありません。そういったことは、生きた恐竜と対面するスリルには適わないと思っています。

我々が『Time Machine VR』を制作するのは、私たちはプレイヤーに、ドキドキするのと同じだけ好奇心・探求心を呼び起こす世界を提供したい、と思っているからです。VRは新たなゲームの時代の始まりです。そんな時代の一端を担うことができて、ワクワクしています。」

『Time Machine VR』は、2016年3月開催のGDCにて製品版の展示を予定しています。なお、今年4月にリリースされるのはOculus RiftとHTC Vive向けのものですが、公式サイトによれば、将来的にはPlayStation VRにも対応させるとのことです。

(参考)
『Time Machine VR』公式サイト – Minority Mediaの公式サイト内(英語)
http://www.weareminority.com/time-machine/

Time Machine VR Launches with HTC Vive in April, New Trailer Lands – Road to VR
http://www.roadtovr.com/time-machine-vr-launches-with-htc-vive-in-april-new-trailer-lands/

この記事を書いた人

  • 1tQ5TzRU

    工学専攻の大学生。好きな科目は国語。趣味は歌などの創作でボーカロイドも使います。SAOのような物語が引き起こす、自他の文脈や人と世界の関係の集積へダイブすることを切望して止みません。将来もVRの傍に立っていたいと思います。

    Twitter:@yunoLv3

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/