東京国際映画祭にVR映像 ウルトラマンなど6作

毎年10月より開催される日本の映画祭「第30回東京国際映画祭」にてVR映画を体験できるブースが出展されることが発表されました。今回体験されるVR映画は、全国のネットカフェやアミューズメント施設に導入されているVRプラットフォーム「VR THEATER」の6作品となっています。

VR映画のラインナップは、『ウルトラマンゼロ・ウルトラファイトVR』『交際記念日』『進撃の巨人展360°体感シアター“哮”』『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』、そして今回初公開となるホラー作品『廃病院_素材_0527.mp4』の6作品です。料金は1作品600円。

4D体験が可能な椅子も設置

今回の展示は「VR THEATER」の一部店舗に設置されている半球形の回転椅子「Telepod」を使用した体験が可能です。Telepodは、VRコンテンツの音に合わせて振動する4D体験を味わえる椅子となっています。

出展ブースの概要は以下の通りです。

第30回東京国際映画祭「VR THEATER」特別ブース概要

会場

六本木ヒルズ ヒルズアリーナ
東京都港区六本木 6-10-2 六本木ヒルズ内

アクセス

東京メトロ日比谷線「六本木」駅出口1C 徒歩3分
都営大江戸線「六本木」駅出口3 徒歩6分

開催スケジュール

10月26日 11:00~20:30
10月27日 11:00~20:30
10月28日 15:00~20:30
10月29日 11:00~20:30
10月30日 11:00~20:30
10月31日 11:00~20:30
11月1日 11:00~20:30
11月2日 11:00~20:30
11月3日 11:00~17:00

料金

600円/1作品(ブース受付にて視聴チケットを販売)

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: VR THEATER東京国際映画祭

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com