THX、VRに最適な高性能・低消費電力のアンプチップを開発 ワイヤレスなVRへ活用か

映画の音響等で知られるTHX社は「世界最小のディストーションとノイズ」と「低消費電力」を特徴とする新しいオーディオアンプ用のチップの開発を発表しました。モバイルVRヘッドセットやワイヤレスヘッドホン、PC向けVRを用途として想定しています。

今回発表されたTHX社の新型チップであるAAAチップは、トライアドセミコンダクター社と共同で開発されたASICチップです。Triad Semiconductor社は、HTC Viveの位置トラッキングシステムであるLighthouseのコンポーネントをValveと協力して作成した企業です。

THXによると、このチップは、THXが「市場の他のすべてのアンプ製品と比べて最適な」オーディオ・アンプとのこと。

https://vimeo.com/194703422

1983年にスターウォーズの監督であるジョージ・ルーカスによって設立されたTHXは、オーディオの技術評価を行ってきました。スタジオ、映画館、家電、コンテンツ、自動車システムなどを認定して高品質なオーディに品質保証のマークを与え、ブランドとしての地位を築いてきました。 映画館で同社のロゴを見たことのある人も多いのではないでしょうか。同社は最近、Razer社(OSVRイニシアチブの創設者)に買収されています。 THXAAAチップは、同社のコンポーネント提供への第一歩です。

小型のチップはわずか2.4mm四方です。

「このチップはモバイル用VRにも、ハイエンドVRヘッドセットにも貢献する可能性があるとトライアドセミコンダクター社のマーケティング&セールス担当副社長は述べています。

「VRにおける3つの柱は、360度の動き、映像、音声です。 私はVRでオーディオの果たす役割は大きくオーディオにこだわる人が増えると考えています。 THXのAAAソリューションは、ソースオーディオが静かなとき(低ノイズ)、ソースで作成されたときにサウンドを提供するとき(高忠実度)には本当に静かです。 VRが次の数年でワイヤレスになると、ワイヤレスヘッドフォンが鍵となるでしょう」とWender氏は米メディアRoad to VRに語っています。 「THX AAAはオーディオ・アンプ市場にとって大きなインパクトをもたらします。これは、広いダイナミック・レンジのオーディオ・レベルで低消費電力を実現するためです。 消費電力が低いほどバッテリ寿命が長くなります。 これは、VRとワイヤレスヘッドフォン市場のユーザーが高く評価するメリットです。」

THXとトライアドは来週、CES 2017で最初のTHXAAAソリューションを発表する予定です。

(参考)

http://www.roadtovr.com/thx-creates-high-end-audio-chip-positioned-for-vr-thxaaa/
※Mogura VRはRoad to VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ