手軽な360度カメラRICOH THETAで使える便利なアプリ!デベロッパーズ・コンテストの結果が発表【大賞紹介編】

株式会社RICOHと、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所が共同で、「ユーザーと共に全天球イメージという新しい映像表現の世界の楽しさを広げていきたい」という趣旨のもと、『RICOH THETA デベロッパーズコンテスト』が開催されました。RICOH THETAは、RICOHが販売している360度カメラです。3万円程度と比較的手軽な価格で入手でき、スマホと連動させて手軽に360度撮影ができるのが特徴です。

image01

世界15か国の国と地域から72作品の応募の中から選ばれた受賞作を、前編後編の2回に分けて紹介します。前編では大賞に選ばれたアプリ『Holobuilder』の紹介です。

DSC_00778月20日に開催された授賞式で記念撮影をする受賞者たち

大賞  bitstars

Holobuilder – a web-based virtual reality creator using 360° Theta photos

大賞を獲得したのは、ドイツの開発チームbitstarが開発したアプリ『Holobuilder』。このアプリでは、撮影した画像をアップロードして、バーチャルプロジェクトを作成できます。天球内に3Dオブジェクトや2Dオブジェクトを配置する事が出来るウェブベースのプラットフォームです。例えば、天球同士をリンクさせる事によってユーザーが「バーチャルツアー」を簡単に作成できる上、それをtwitterやfacebookなどでシェアできます。

■ヴァーチャルツアーを体験してみました。

image04天球内に出た矢印をクリックします(今回は真ん中の階段をクリックしてみます)

image05階段の上に移動してきました。

image00視点を変更すると、2階の様子が見られます。

image02さらに矢印をクリックすると、吹き抜けから1階を見下ろせました。

image03

編集画面で「MoguraVR」という文字を入れてみました。2Dの文字などを表示させる事も出来るので、興味深い事実や個人的なコメントなども残すことができる上、3Dオブジェクトのアニメーションにも対応しています。

「Bitstars」では、アンドロイド用アプリも開発しているため、モバイル機器からの視聴や「Google Cardboard」にも対応しています。施設紹介など、様々な所で今後活躍しそうですね。

デモ版はこちらから(EDITをクリックすると編集も体験できます。)
https://www.holobuilder.com/explore?page=details&id=4777540157702144

後編では大賞以外の受賞作品を一挙紹介します!

(参考)
「RICOH THETA デベロッパーズコンテスト」 公式サイトはこちら
http://award.contest.theta360.com/index.html
「Holobuilder」公式サイト
https://www.holobuilder.com/index.html

この記事を書いた人

  • image00

    先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/