空間に3DCGを置く マイクロソフトがWin10向け『Holograms』アプリをリリース

PCで使うツールをMR(Mixed Reality)技術で使用し、空間でコンピューティングを行う未来が近づきつつあります。

マイクロソフトはMixed Reality(MR、複合現実)を実現する取組を進め、MRデバイスHoloLensを展開しています。今回、マイクロソフトは、MRのプラットフォーム「Windows Mixed Reality」で使えるホログラムアプリ『Holograms』のWindows10版をリリースしました。

すでにHoloLens向けに配信されているアプリのPC版となります。

ホログラムアプリ『Holograms』

『Hologram』は5日に行われたWidows 10の大型アップデート「Windows Creators Update」によりPCに対応しました。「Windows Mixed Reality」で使えるアプリで、Mixed Reality(複合現実)の世界で様々なホログラム(3次元の立体像)を使用することができます。

HoloLense版では、現実にいろいろな3DCGを置くことのできる内容でしたが、PC版ではバーチャルな世界に3DCGを置くことができます。

・モノや動物、家具などのギャラリーからホログラムを選ぶ
・スペースにホログラムを移動、サイズ変更、設置する
・ラベルを使って、名前や文章を書きこむ
・声を使ってホログラムを操作する
・動物などの動くホログラムを探す



マイクロフトのホログラムアプリ『Holograms』はストアから無料でダウンロードできます。

https://www.youtube.com/watch?v=2MqGrF6JaOM

マイクロソフトはWindows Mixed Realityの取組を推進しており、2017年中にPC向けにLenovo、AcerなどからVRヘッドセットを299ドルからという比較的安価な値段で発売予定です。

(参考)
Microsoft releases the Holograms app for Windows Mixed Reality in the Windows 10 Creators Update
https://www.onmsft.com/news/microsoft-releases-the-holograms-app-for-windows-mixed-reality-in-the-windows-10-creators-update?utm_content=bufferde1fc&utm;_medium=social&utm;_source=twitter.com&utm;_campaign=buffer (英語)

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ