曲に合わせて、VR空間に光の軌跡を描く。PlayStation VR向けソフト「The Easel」

先日、Oculusの創業者パルマー・ラッキー氏による人気音楽ゲームのVR版「Rock Band VR」の発表がありました。Oculusとともに開発を進めているHarmonix社は、さらに他のソフトも作っています\。「Playstation Experience 2015」にて、現在彼らが開発中のコンテンツ「The Easel」を米VRメディアUpload VRの記者が体験しました。

https://www.youtube.com/watch?v=yKY-gWMUROg

「The Easel」の体験は、コントローラで3D空間に絵を描ける「Tiltbrush」にとても良く似たもので。さまざまなブラシを選択しながら絵を描くことができます。「The Easel」が異なるのは、音楽に特化しているという点。自分で作った音楽でも、ゲームに入っているプリセットのどちらでも楽しめます。曲のテンポやドラムやスネアの音をHarmonixのシステムによって分析、シーンやブラシに反映されていき、音楽に合わせたライトショーを作ることができます。

image00

UPROADTOVR記者によると、この体験は、失神するかと思うほど素晴らしかったとのこと。「曲に合わせて自分の周りにまばゆい光をつくっていくという体験は、音楽と私達との関わり方を変えるものだ」とコメントしています。
日本では、DJとVRを掛け合わせ、音楽に合わせて体験者のVR空間を変化させる「Spatial Jockey」というイベントが行われていました。

音楽とアートとVRの融合、どんな体験が実際にできるのか気になりますね。

関連記事:【体験レポ】あのDeep Dreamを世間に広めたチームがおくるVR×DJのダンスイベント『Spatial Jockey』

<参考>
・Upload VR//Harmonix’s New PSVR Experience, ‘The Easel,’ Changes the Way You Relate to Music
http://uploadvr.com/harmonix-easel-psvr-preview/

※米Upload VRとMogura VRは、パートナーシップメディアです。

PlayStation VRについての最新情報はこちら

PlayStation VRで体験できるソフトの紹介はこちら

この記事を書いた人

  • image00

    先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/