【TGS2016】ステージでデレステVR実演 アサミンゴスPもノリノリ!そしてライブ後の放心状態までVRでも追体験!

9月18日、東京ゲームショウのバンダイナムコエン[email protected] GAME SHOW 2016」で、アイドルマスター(以下、「アイマス」)シリーズ出演声優によるイベントが開催されました。シリーズタイトルのデモプレイが続く中、10月13日に発売される「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」の体験プレイもありました。出演声優が腕を振りコールを入れ盛り上がった後、名残り惜しそうに振る舞うなど、VRライブ体験ソフトとしての威力を目の当たりにするイベントでした。

デレステvr

ステージに登場したのは、アイマスシリーズで登場アイドルの声を演じる、今井麻美さん(如月千早役)、原由実さん(四条貴音役)、福原綾香さん(渋谷凛役)、大橋彩香さん(島村卯月役)、原紗友里さん(本田未央役)。そしてアイマスシリーズ総合プロデューサーの坂上陽三さん。
ステージでは、イベント中に「ビューイングレボリューション」が体験できるという事で出演者の期待が高まっていました。中でも、演者としてライブステージに立つだけで無く、「アサミンゴスP」として熱心なプロデューサー(アイマスのファンの事)として知られ、後輩のライブイベントも観覧する今井さんは「この日のために一切合切触らないでいた」と宣言していました。
しかしイベント冒頭で坂上総合プロデューサーが、ゲーム対決した勝者のみが体験できると発言。

シリーズの各種タイトルの新曲公開、新情報告知を交えたゲーム対決の末、今井さんが「ビューイングレボリューション」を体験する権利を得ました。
14369886_926764617430093_3379841082437896171_n
PSVRとMOVEとともに、米SubPac社が開発した、VRにおける音の振動を感じることができる触覚デバイス「SubPac M2(ウエアラブルタイプ)」を装着した今井さん。

この日プレイできたのは、本タイトルの為の新曲「Yes! Party Time!!」。プレイが始まるや否や、自然とコンサートライトに見立てたPS MOVEを振り、アイドルの名前をコールする今井さん(時折機能確認やVR空間を見渡すために寡黙になることもありました)。
そしてイベントステージ周りの観客エリアには、新衣装「パーティタイム・ゴールド」に合わせ、当たり前のようにオレンジのコンサートライトを振るプロデューサーたち。えっとみなさん、この曲公開されて間も無いですよね。

デレステvr

デレステvr

ステージ上の声優さんも、VRライブでアイドルがウェーブをするのにあわせ、観客エリアに対してウェーブで煽っていました。

体験終了後に今井さんは、「(VR空間上で)前に人がきたときに(視野が遮られて)ちょっとむかっとした感じ」といいつつも、VR空間上のみんな(観客)が消えメニュー画面に戻った時にもう一回体験し直したくなったと、本タイトルでの「観客」が生む臨場感の大きさが伝わりました。背中に装着した振動パックについても、きちんとした環境でしっかり味わいたいとレポート。
周りで見ていた声優さんも、原紗友里さんがジェスチャーで今井さんのVRライブ後の放心状態を伝え、以前体験したことのある大橋さんも「言葉でなくなりますよね」と同意し、プロデューサー(観客)がライブ後に語彙力がなくなるほど感動することが「ビューイングレボリューション」でも追体験できることを証明していました。

PlayStation®VR専用ソフト「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」は10月13日配信開始、価格は2,296円(税抜)です。

デレステvr

協力:舞浜アンフィシアター
ⒸBANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • uqtgtxtb

    本業は、2005年からアイマスP(アイドルマスターのファン)を。
    副業は、「ゲームと社会をごちゃまぜにして楽しんじゃえ」がモットーの、フリーのコンテンツ開発者。節電ゲーム「#denkimeter」の開発担当だったり、最近はVRコンテンツも作ってます。

    今回は上質の体験をしに田町まで連れてってもらい、すごく感動させてもらった上に、ずうずうしくも記事まで書いてしまいました。
    ほしいも好き。

    Twitter:@hitabataba