高橋建滋(桜花一門)

株式会社桜花一門 代表取締役、NPO法人オキュフェス 代表理事を務め、日本でいち早くVRを手掛けてきたクリエイター。1976年生まれ。

略歴

2013年:DK1をキックスターターで入手後、VR開発にのめり込み、同年8月にVRコンテンツ出展イベント「Ocufes(オキュフェス、現Japan VR Fest)」を開催。以後、同イベントを継続的に運営する。
2014年:独立
2016年1月:(株)桜花一門を設立
2016年11月:株式会社MCJより出資を受ける
2017年8月:VRステルスホラーゲーム『ChainMan』をHTC Vive向けに発売(同年12月にPlayStation VR向けに発売)

人物

早稲田大学応用化学科卒業後、㈱コーエーに入社。真・三國無双シリーズを担当後、㈱クリーチャーズにてポケパークシリーズのディレクターなどを担当。

2013年DK1をキックスターターで入手後、VR開発にのめり込み同年8月にVRイベントを開催。このイベントは以後Ocufes(現Japan VR Fest)としてVR開発者のハブとなる企画のひとつになります。

伊集院光氏の「伊集院光のてれび」をはじめ、松本人志氏や坂上忍氏、叶姉妹などメディアでVRが紹介される際には協力し、タレント・芸能人にVRを体験させてVR普及に努めています。

六本木「Speee Lounge」等でゲーム業界関係者や若手クリエーター、エンジニア向けに講演を行なっています。その内容はVR市場についての分析、クリエイターとして人々に「楽しくてわくわくすること」を提供するためのマインド、「VR酔い」などコンテンツ制作における細かな留意点についてなど、クリエイターにとって有益な知識を共有しています。

著書に「VRコンテンツ最前線 事例でわかる費用規模・制作工程・スタッフ構成・制作ノウハウ」や「Oculus Riftでオレの嫁と会える本 UnityとMMDモデルで作る初めてのバーチャルリアリティ」他

・Twitter(@oukaichimon

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
短時間でできるものもありますので学生さん、主婦の方、海外在住の方も大歓迎です。

詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ