世界最大のゲーム会社、中国のテンセントがVRに本格参入か。プロジェクトのサイトが公開

中国のテンセント社はゲーム業界で世界最大の売上高を誇る企業です。モバイルゲームやSNSの提供をはじめ、世界的に人気のEスポーツの中心的役割を果たしているゲーム『League of Legends』を運営する米ライアットゲームズ社、またUnreal Engine 4で知られる米エピック・ゲームズ社の親会社でもあります。

image2015111010540012015年上半期のグローバルでのゲーム企業の売上高

テンセントはVR関連では既に、エピック・ゲームズ社のほか、VR内でコミュニケーションを図るAltspace VRにも出資を行っています。今回は、テンセント社自身のプロジェクトとしてVRに本格的に取り組んでいくことが明らかになりました。

テンセント社のVRプロジェクト公式サイト

テンセントのVRシステムは、「ministation」と呼ばれるゲーム機とVRヘッドマウントディスプレイによって体験することができるようになります。「ministation」は、カラフルなキューブ状のゲーム機で、インテルCore i5に匹敵しうるQualcommのチップを搭載、Androidで駆動する模様です。性能によって2つのバージョンが発売される予定で、高スペックなものがテンセントオリジナルのVRヘッドマウントディスプレイに対応します。

image201511101052371

「ministation」の外見は既に発表されていますが、VRヘッドマウントディスプレイに関してはまだ明らかになっていません。

image201511101110331公式サイトに掲載されているVRHMDはイメージに近いと思われます。

公式サイトには「The Future is Now(未来はいまここに)」と題するとともに、ゲームや映画、ソーシャル、ライブ中継など様々なコンテンツに対応しようとしていることが分かります。

image201511101115591

現在開発されているVRヘッドマウントディスプレイはPCやPlayStatioin 4、スマートフォンなど既存のコンソールを利用するものです。テンセントは新たに自社が市場に投入するコンソール機とともにVRヘッドマウントディスプレイを展開するという異なる戦略をとっています。その価格設定や体験できるコンテンツがどのようなものになるのか、注目したいところです。

(参考)
newzoo / Game Revenues of Top 25 Public Companies Jump 16% YoY to $28.7Bn in First Half of 2015

http://www.newzoo.com/insights/game-revenues-of-top-25-public-companies-jump-16-yoy-to-28-7bn-in-first-half-of-2015/

uploadvr / Chinese Internet giant Tencent reveals VR project
http://uploadvr.com/chinese-internet-giant-tencent-reveals-vr-project/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/