テンセント、イギリスのゲームスタジオへ連続で投資

リバプールに本拠を置くビデオゲームスタジオMilky Teaは、中国大手インターネット企業テンセントから投資され業務提携を行いました。先日、同じくイギリスのゲームスタジオFrontier Developmentsへ約25億円の投資を行ったばかり。テンセントは、イギリスのゲーム業界への投資を続けています。

VRゲームにも手がけるMilky Tea社

Milky Teaは、2005年に設立されたゲーム開発とアニメーション制作事業を手がけるスタジオです。同社は、NFL、ソニー、クラフト、ボーズ、トヨタなど世界知名のブランドのデジタルコンテンツを制作しています。

また、VRゲーム『Coffin Dodgers VR』を開発、配信しています。同タイトルは、『マリオカート』シリーズと似ているアクションレース。プレイヤーはママチャリのようなカゴの付いたクラシックカーに乗って死神に追撃されながらレースを繰り広げます。

現在、『Coffin Dodgers – VR』はSteamにてOculus Rift向けに配信。HTC Vive版も開発を進めています。

新タイトルの開発が進行中

Milky Teaの声明によると、テンセントからの投資総額は明らかにされていませんが、チームの拡大、および新しいタイトルの開発に資金を提供し、特に最近発表したMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)ゲーム『HyperBrawl Tournament』に投入される予定とのこと。同タイトルはオンラインスポーツバトルゲームで、2018年初頭にはPCSとNintendo Switchへのリリースが予定されています。

Milky Tea公式サイト
http://milkytea.com

(関連記事)
テンセント、VR開発も手がける英ゲーム会社に約25億円を投資
http://www.moguravr.com/tencent-frontier-developments/

(参考)
有钱任性!腾讯又投资一家英国VR游戏开发商Milky Tea
http://www.7tin.cn/news/94918.html

Mogura VRは7tin.cnのパートナーメディアです。

関連するキーワード: Milky TeaTencent

この記事を書いた人

  • 日本で留学している中国人。AI、VRなど最新技術に関心を感じながらIT企業を目指して就活中の文系生。中国のVR事情を世の中に広げたい。韓国語も勉強中。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ