1ヶ月でVR開発者を目指す『TECH::CAMP VR』が予約受付開始

株式会社divは、全くの初心者から1ヶ月の期間でVRアプリケーション・3Dゲームを作れることを目指す短期集中学習プログラム『TECH::CAMP VR』を2016年10月15日より開始することを発表しました。それに伴い、8月3日より受講の予約受付を開始しました。

『TECH::CAMP VR』

「TECH::CAMP VR」では、株式会社divがこれまで運営してきたプログラミング教室「TECH::CAMP」のノウハウを生かし、「わかりやすさ」にこだわったオリジナルカリキュラムを用意しているとのことです。

また、VRの開発には周辺機器をそろえる必要がありますが、TECH::CAMP VRでは周辺機器を取り揃え、自費での初期投資なしに開発スキルを学べる環境を整えています。

加えて、平日祝日問わず、毎日11時から23時まで質問し放題の環境が用意されるとのことです。VRに知見のあるメンターに、わからないことはすぐに質問をし、すぐに疑問を解消することで、完全未経験者でも効率よく学習を進めることが可能とのことです。

本プログラムで習得できる具体的なスキルは、プログラミング言語スキル、ゲームエンジン「Unity」を使うための基礎スキル、ゲーム開発のための技術スキルとなっており、VRコンテンツや3Dゲームをリリースしたい方に加え、エンジニアとして仕事の幅を広げたい方などに向けたコースになっています。

受期講間は1ヶ月、受講料金は社会人が128,000円、学生が64,000円(それぞれ税別)です。公式サイトにて無料説明会の申請を行うことで、受講の申し込みをすることが可能です。

(参考)
TECH::CAMP VR
http://vr.tech-camp.in
TECH::CAMP
https://tech­camp.in/

この記事を書いた人

  • 早稲田大学文化構想学部卒業後、日立グループにてグループ全体のビジネスプロセス改善プロジェクトに従事。現在はゲームメディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ