『パックマン』『ゼビウス』のIPを活用したVRゲームがTGSで展示 学生らが制作

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、自社が保有する『パックマン』をはじめとする21タイトルなどを国内クリエイターへ開放する企画「カタログIPオープン化プロジェクト」を行っています。

今回、本企画を利用したVRゲーム『リズムタクト』が発表されました。本作はパックマンやゼビウスが登場するVRリズムゲームとなっており、東京コミュニケーションアート専門学校の学生による制作です。


ゲーム画面

ゲーム画面2

『リズムタクト』は、9月21日から千葉の幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」のゲームスクールコーナ―東京コミュニケーションアート専門学校ブースにて展示されます。

また同ブースでは、サウンドを頼りに大樹にてクリスタルを探すVR探索ゲーム『ジャックと魔もの木』の展示も行われます

『ジャックと魔もの木』は、2017年4月からプロジェクトとして制作が開始し、コンピュータエンターテインメント科ゲームプランナー専攻/ゲームプログラマー専攻/ゲームグラフィック&キャラクター専攻/CG・映像クリエーター専攻の学生たちが参加しています。

本作にはVRデザイナーの濱田慎一氏、サウンドデザイナーの石田雅彦氏が制作に協力しています。

イベントの概要

イベント名

東京ゲームショウ2017

会期

・ビジネスデイ
9月21日、22日 10:00 から 17:00
・一般公開
9月23日、24日 10:00 から17:00

会場

幕張メッセ  1ー11ホール、イベントホール、国際会議場

アクセス

・JR京葉線 海浜幕張駅より徒歩約5分。
・JR総武線・京成線 幕張本郷駅より「幕張メッセ中央」行きバスで約17分

入場料

・一般(中学生以上) :1,200円 (前売券:1,000円 )
・ 子供 (小学生以下): 無料
チケット購入はコチラのページより

主催

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)

公式サイト

http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2017/

関連するキーワード: TGS2017リズムタクト東京コミュニケーションアート専門学校

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ