竹中工務店のVR活用 12人同時にリアルなVR防災訓練

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、9月1日に株式会社竹中工務店の東京本店にて行われた「2017年度東京本店消防訓練」で、VRを活用した避難訓練にVRデバイス「IDEALENS K2+(アイデアレンズ ケーツープラス) 」12台と動画視聴システムを提供しました。

本消防訓練では、アイデアレンズK2+に竹中工務店が開発する災害事象の統合VRシステム『maXim(マキシム)』が搭載され、東京本店で火災が発生したことを想定した映像を1度に12人(計4回で合計48人)がVR体験を行ったとのこと。

クリーク・アンド・リバー社が開発した動画視聴システムは、2~30台(実績値)以上を連動して同じ映像を視聴することが可能です。本システムは、スマートフォンと各ヘッドマウントディスプレイをWi-Fiにて接続しているため、オペレーターが1人で確認しながら、動画の共有体験が行え、コストの低減がはかれる構成になっているとのことです。

『maXim』は、地震や火災、高潮など複数の災害予測や避難行動の解析結果を統合した映像をVR体験するシステムです。本システムのVR制作には、建物のデータを活用しているため、科学的な解析結果を基に、火災が発生した際の煙の方向や拡散状況、避難階段の混雑状況など、複雑な災害事象をリアルに把握した上で防災計画の検討などが行えます。
 
・VRの災害活用 ゲームエンジンの“嘘の表現”をどこまで取り入れるか【CEDEC 2017】
http://www.moguravr.com/cedec2017-pocket-queries/

「IDEALENS K2+ (アイデアレンズ K2 プラス)」製品概要

 

商品名

IDEALENS K2+ (アイデアレンズ ケーツー プラス)

外形寸法

ヘッドマウントディスプレイ本体部分
(L)183mm×(W)129mm×(H)105mm

質量

約295g

ディスプレイ方式

AMOLED

ディスプレイ解像度

2,560 × 1,440

視野角

約120度

リフレッシュレート

最高75Hz

遅延

17ms

搭載センサ

6軸検出センサ(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸地磁気センサ、光距離センサ、温度センサ

各センサ応答時間

≤2ms

プロセッサ

CPU/ Exynos 7420    GPU/ Mali-T760 MP8

メモリー

ROM/ 32GB、RAM/3GB LPDDR3

microSDカード

microSD (最大128G対応)

Wi-Fi

2.4G  802.11 a/b/g/n

Bluetooth

4.0、3.0、2.0

接続端子

micro USB 2.0端子、3.5mm ステレオヘッドフォン端子

充電

約3.5時間(2A急速充電対応)

電池消費時間

約2.5~6時間(コンテンツによる)

価格

オープン価格

(参考)
VRで、リアルに災害を体感!消防訓練にVR・HMD「アイデアレンズK2+」活用~ 竹中工務店の災害事象統合VRシステム「MaXim」を搭載 ~ / PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000988.000003670.html

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: maXimクリーク・アンド・リバー竹中工務店

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com