大成建設、VR経由で重機を遠隔操作する「臨場型映像システム」を発表

大成建設株式会社は、HMDを活用したVR技術によって重機を遠隔操作する臨場型映像システム『T-iROBO Remote Viewer』の開発を発表しました。

同社の発表によると、臨場型映像システム『T-iROBO Remote Viewer』は、重機に取り付けた左右の魚眼カメラの映像をリアルタイムでHMDに表示させることで、遠隔でも実際に搭乗している感覚で重機を操縦することができるとのこと。設置した魚眼カメラはステレオ方式を採用しており、奥行きや距離感などのある臨場感のある映像によって、HMDによる遠隔操作でも細かい操作が可能になると説明しています。また魚眼カメラの詳細については明らかにされていませんが、公開された臨場型映像システム『T-iROBO Remote Viewer』の写真を見ると、インタニヤ社製の魚眼レンズに非常に良く似た外観となっています。

臨場型映像システム『T-iROBO Remote Viewer』では、従来の遠隔操作システムの課題である、複数のカメラによる映像を同時に複数モニターで見ながら操作することによる作業効率の低下を解決できる、と同社は説明しています。さらに従来の遠隔操作システムでは、重機に取り付けるカメラ以外にも俯瞰でモニタリングする用のカメラも必要だったため多くのコストが発生しましたが、この臨場型映像システム『T-iROBO Remote Viewer』ではモニター用のカメラ設置が不要で、特に災害現場などでは迅速な対応が可能になるとしています。

今後同社は、災害復旧工事に限らず、遠隔から安全で効率的な作業が求められる建設現場に臨場型映像システム『T-iROBO Remote Viewer』の普及展開を進めていくとしています。

この記事を書いた人

  • VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いと360動画の狩人を担当しています。

    Twitter:@oo2gu

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ